関取花は本名ってマジか!兄と大学が同じ?熱愛発覚でねたまれる!

べつに・・・

関取花さんが驚愕のコメント!

じゃなくて、「ひがみソング」として
べつにを発表しています。

歌が上手いので
シンガーソングライターとして
普通に活動してもイケる気がします。

でも、ひがみ路線を進んでいます。

べつに・・・
と言えば、沢尻エリカさん。
関連記事:沢尻エリカはすっぴんもかわいい!元旦那の名前は!?再婚の噂は?

 

でも、今回は、ひがみソング界の
べつに・・・
関取花さんについていろいろ調べてみました。

スポンサードリンク


 

べつに べつに べつに
べつに べつに 悔しくない

歌上手いんだよな~

まずは、関取花さんの
プロフィールをチェック!

 

関取花さんのプロフィール

 

名前:関取 花(せきとり はな)
生年月日:1990年12月18日
出身地:神奈川県横浜市

 

本名ってマジか!

関取花さんって、芸名でしょ・・・
と思っていました。

 

関取」と聞くと
相撲を連想しますよね・・・

 

「ひがみソング」と言う
ちょっと、お笑いチックな路線なので
芸名もインパクトのある名前に
したんだと思っていました。

 

でも・・・

関取花さんは、まんま本名でした!!

 

関取って本名は、日本全国に
40人位いる
そうです。

 

長野県、埼玉県、千葉県、愛知県に
多くある苗字だそうです。

 

関取花さんの出身地は
神奈川県横浜市です。
もしかすると、父親の出身が
長野県、埼玉県、千葉県、愛知県の何れかで
神奈川県に引っ越して来たのかもですね。

スポンサードリンク


兄と大学が同じ?

関取花さんの兄は、慶応大学で
日テレアナウンサーの徳島えりかさんと
同級生だったことが明かされています。

 

しかも良く知る仲だったと言うことで
徳島えりかさんも関取花さんのことを
デビュー当時から知っていたそうです。

 

ひがみソングと言われますが、声がすごく癒されませんか!
素直な女の子の気持ちの歌もいっぱいあるので是非そっちも聴いてほしい

徳島えりかさんも関取花さんの
ファン見たいですね!

 

関取花さんは、兄のことを
スゴク頭が良いとリスペクトしています。

 

そりゃー、慶應ですものね。
頭良いですよ・・・

 

でも、関取花さんの大学も
慶応大学だったんです。

何でですのん・・・

花ちゃんも、メッチャ頭良いじゃないですか!

 

関取花さんの学歴をチェック!

高校:慶応義塾女子高校
大学:慶應義塾大学環境情報学部

 

2009年、関取花さんは、慶應義塾大学時代
「閃光ライオット2009」に出場して
査員特別賞を受賞しています。

 

2010年7月21日、関取花さんは
初めてのミニアルバム『THE』をリリース。

 

2010年8月から2010年9月
ライブツアー「THE 夏巡業2010」を行いました。

 

アーティストとして
慶応大学時代から高い評価を得てたんですね。

 

花さんって、スゴイ!

 

熱愛発覚でねたまれる!

ひがみソングを歌っている
関取花さんですが、もしかすると
彼氏いたりして・・・

 

気になりますよね。

熱愛について、調べてみました。

関取花さんに、彼氏の噂や情報
今のところ見つかりませんでした。

 

関取花さんは、インタビューで
こんなことを言っていたそうです。

関取花さんの友達が「彼氏が欲しい」と
言うことが良くわからないと・・・

「恋がしたい」ならわかるけど・・・

恋人を探す姿勢だったり恋愛に期待することがわからない

 

思わず、なるほど!と思ってしまいました。

 

普通に、彼氏・彼女が欲しいと
言っていますが、仮に出来たとしても
幸せになるって保証は、無いですものね。

 

彼氏欲しい ⇒ 相手に愛されたい
恋がしたい ⇒ 自分から相手を愛す

ってことかな・・・

 

関取花さんの考えって
スゴイですね。

勉強になりました。

 

また、付き合いたい男性について

極楽とんぼの加藤浩次さんの名前を
挙げていました。

「スッキリ!/日本テレビ系」を見ていると分かるんですけど、他のキャスターだったら気を遣ってゲストに聞けないようなことも、加藤さんはお茶の間目線で聞いてくれる。

どんな場所でもどんな環境にいてもその人らしく仕事を全うできる人が本当に好きなんですけど、それがまさに加藤さん。ああいうかっこいい人はなかなかいないです……。
出典:https://joshi-spa.jp/692421

 

ふり幅が広いところが好きなんですって!

スポンサードリンク


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る