高橋メアリージュンは結婚してたの?旦那がエグザイルのメンバー?

高橋メアリージュンさんは、完璧なスタイルを武器にファッションモデルとして活躍しています。

その高橋メアリージュンさんが女優としても活動を始めました!

沢尻エリカさん主演のドラマ『母になる』に、緒野琴音役で出演します。
関連記事:沢尻エリカはすっぴんもかわいい!元旦那の名前は!?再婚の噂は?
関連記事:沢尻エリカは陣内孝則と共演してた!親子役のドラマのタイトルは?

 

今回は、高橋メアリージュンさんの「結婚」「旦那」「エグザイル」など、気になるワードを中心にいろいろ調べてみました。

スポンサードリンク


 

プロフィール

まずは、高橋メアリージュンさんのプロフィールをチェック!


名前:高橋 メアリージュン(たかはし メアリージュン)
生年月日:1987年11月8日
出身地:滋賀県
血液型:A型
身長:169cm
スリーサイズ:85cm – 58cm – 86cm
靴のサイズ:25.5cm
所属事務所:エイジアプロモーション

 

高橋メアリージュンさんは、見るからにアンド名前からしてハーフとわかりますよね。

 

高橋メアリージュンさんは、父親が日本人で母親がスペイン系フィリピン人のハーフです。

 

高橋メアリージュンさんの兄弟姉妹も有名人でした!

 

は、高橋ユウさん。

高橋メアリージュンと同じファッションモデルです。

 

は、高橋祐治さん。

サッカーチームの京都サンガF.C.のディフェンダーとして活躍しています。

 

全員が有名人って、すごいですね。

何かを持ってる兄弟姉妹なんですね!

 

スポンサードリンク


 

モデルになったきっかけは?

現在、高橋メアリージュンさんは、先ほどお話しした通りモデルだけじゃなく女優としても活躍しています。

 

芸能界に入ったきっかけって何だろう!?

 

気になります!

 

高橋メアリージュンさんは、オーディションに応募してグランプリに輝いたことがモデルになるきっかけでした。

 

スカウトじゃなくオーディション!

 

たくさんの審査員に選ばれた、将来、輝きを放つ原石だったのですね。

 

高橋メアリージュンさんが応募したオーディションは、2003年8月に開催された『横浜・湘南オーディション2003』。

 

グランプリを獲得した翌年の2004年4月からファッション誌『CanCam』の専属モデルになりました。

 

その後、歌番組やバラエティー番組に出演。
そして、CMなどにも出演するようになり、一気に、高橋メアリージュンさんが世に知れ渡りました。

 

結婚してたの?

高橋メアリージュンさんの検索ワードに、「旦那」ってあったので結婚しているんだ!と思ってしまいました。

 

調べてみると・・・

高橋メアリージュンさんは、結婚していないことがわかりました。

 

高橋メアリージュンさんは、新商品の発表イベントに参加したときにこんな風に彼氏のことや結婚のことをコメントしていました。

4年恋人がいないと明かしながら「昔は間が空かなかった。ここしばらくは仕事を忙しくさせていただいていて、恋人を作る時間がない」といい、結婚については「昔は27歳にしたいと思っていたけど、過ぎちゃったらどうでもよくなっちゃった。子供を産みたいので、逆算してって。相手と1年以上付き合って、結婚して、子供を産めるのが理想なのですが」と明かした。
出典:http://news.mynavi.jp/news/2017/02/09/333/

4年恋人がいない

高橋メアリージュンさんには、本当に、彼氏はいなかったのでしょうか!?

 

旦那がエグザイルのメンバー?

高橋メアリージュンさんは、「旦那」「エグザイル」について多く検索されています。

 

結婚もしていないのに、旦那ってどーゆーことなの!?

 

しかも、エグザイルのメンバー「NAOTO」「ケイジ」の名前も検索されているようです。

 

特に、NAOTOさんは、ツーショット画像が流出していて、かなり、噂になっていたようです。

 

話題になっているツーショット画像は
↓↓↓こちらです。

高橋メアリージュンさんとNAOTOさん!?

 

目元にモザイクがかかっているので、断定は、出来ませんがメチャクチャ似てますよね!

 

以前、ドラマ『カルテット』に、茶馬子役で出演して演技力の評判がすごく良かったんですよね。

 

女優として活動の幅を広げている高橋メアリージュンさんに注目ですね。

 

子供を産みたいと言っているので彼氏や結婚についても注意深くチェックしたいと思います!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る