オカダカズチカの結婚相手は女子アナのもりようこ!?泰葉って誰?

イケメンレスラーの
オカダカズチカさんをご存知でしょうか?

プロレス人気をけん引していて
熱狂的な女性ファンも急増中だそうです。

オカダカズチカさんは
イケメンで鍛え上げられた体が
メチャクチャカッコ良いんです。

女性がメロメロになるのもわかります。

今回は、オカダカズチカさんについて
いろいろ調べてみました。

スポンサードリンク


プロフィール

まずは、オカダカズチカさんの
プロフィールをチェック!

 

プロフィール

名前:オカダ・カズチカ
生年月日:1987年11月8日
出身地:愛知県安城市
身長:191cm
体重:107kg
血液型:A型

 

本名

本名は、リングネームと同じ
岡田 和睦(おかだ かずちか)さん。

 

スポーツ万能

オカダカズチカさんは、野球少年でしたが
人を圧倒する結果が残せなかったそうです。

 

でも、陸上競技で身体能力の高さを
見せつけました。
短距離の100m走で、愛知県大会にて
一位になったのです。

 

この愛知県一番に輝いた
オカダカズチカさんの走りに
高校の陸上部からスカウトが
来たんだそうです。

 

陸上の短距離の練習をやっていなかった
オカダカズチカさんは
天性の脚力の持ち主だったんですね。

 

プロレスラーになるきっかけは?

中学生のオカダカズチカさんは
プロレスを知らなかったそうです。

 

五歳年上のお兄さんが友達から借りてきた
プロレスゲームがきっかけで
プロレスの存在を知ったそうです。

 

その後、オカダカズチカさんは
新日本プロレスの試合を
見るようになりました。

録画してまでも見ていたそうです。

 

かなりの熱狂ぶりですよね。

 

でも、新日本プロレスが試合スタイルを
格闘技に変えていったことが
オカダカズチカさんの目には
つまらなく映ったそうです。

 

新日本プロレスへの魅力が無くなった頃
テレビで闘龍門のことを知りました。

 

闘龍門とは、覆面レスラーの
ウルティモ・ドラゴンさんが設立した
プロレスの養成学校です。

 

オカダカズチカさんは、闘龍門を見た衝撃を
次のようにコメントしています。

たまたま家がケーブルテレビに入っていて、それで闘龍門を見たんです。
闘龍門には新日本と違っていろんな色の人がいて。
赤い人もいれば、緑もいて。
黄色だオレンジだって、カラフルで目を引きましたね。

 

その後、オカダカズチカさんは
プロレスファンじゃなくて
闘龍門ファンになったそうです。

 

そして、オカダカズチカさんは
16歳のとき、闘龍門に入学しました。

13期生でした。

 

オカダカズチカさんの両親は
普通の高校に行って欲しかったそうですが
自分で決めたことがあれば、他人の意見は聞かない
と言うオカダカズチカさんの性格を知っていたために
闘龍門へ入学させたんだそうです。

スポンサードリンク


結婚相手は女子アナのもりようこ!?

オカダカズチカさんさんには
彼女がいるそうです。

 

プ女子にとっては、あまり聞きたくない
話題かもしれませんね。

 

彼女の職業は、テレ朝の女子アナで
名前は、森 葉子(もり ようこ)さんです。

 

森葉子さん、かわいい女性ですよね。

さすが、イケメンレスラーの
オカダカズチカさんですね。

 

オカダカズチカさんが
森葉子さんと出会ったのは
2012年8月と報じられています。

 

オカダカズチカさんが
新日本プロレスの真夏の祭典
G1クライマックス」に優勝し
テレ朝主催で祝勝会が行われました。

そのG1クライマックスの祝勝会に
森葉子アナウンサーが出席したんだそうです。

 

泰葉って誰?

オカダカズチカさんには、森葉子アナと言う
彼女がいることがわかりました。

 

でも、ネット上では、泰葉(やすは)との
女性の名前がありました。

 

泰葉さんと言えば
初代林家三平の娘さんで
春風亭小朝さんの元妻ですよね。

 

調べてみると
泰葉さんが女子プロレスラーとして
デビューしたんだそうです。

 

オカダカズチカさんと泰葉さんが
台湾のプロレス巡業で
偶然に日程が一緒だったんだそうです。

 

この偶然が一部のファンから
オカダカズチカさんと泰葉さんが
台湾で密会している
となってしまったようです。

 

女性ファンの多いオカダカズチカさんには
常に女性の厳しいチェックが
入ってしまうのでしょうか!

最近、バラエティー番組にも出演する
オカダカズチカさん!

ますます、女性ファンが増えそうですね^^

スポンサードリンク


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る