年越しそばを食べる由来は?いつ食べるの?

toshikoshi_soba

年越しそばは、毎年大晦日に食べてるけど何でそばなんだろう?

ラーメン、うどん、焼きそば、パスタじゃダメなのかな?

そもそも、何で食べるんだろう?

 

年越しそばの食べる由来といつ食べるのか?を調べてみました。

 

スポンサードリンク


 

年越しそばは、大晦日に縁起をかつぐという意味を込めて食べるそばのことだそうです。

年越しそばは、日本の年末イベントの一つになっていますよね。

 

年越しそばを食べる由来は?

年越しそばはいつ食べるの?

 

年越しそばを食べる由来は?

世間一般的な由来

大晦日に年越しそばを食べるという習慣は、江戸時代から定着したといわれています。

そばは、長く伸ばして、そして細く切って作るものなので長く細くと いうことから 『健康長寿』『家運長命』などの縁起をかついで食べるようになったのがはじまりです。、というのが世間一般的な説です。

スポンサードリンク


その他の由来

大阪の金銀細工師が仕事納めの日(大晦日)に、仕事場に散らばった金粉・銀粉を掃除するのにそば粉を練ってその練ったそばを団子状にして使って金粉・銀粉を集めるということをしていました。

金粉・銀粉が付着したそばを団子状にしたものを焼くと、そばは灰になって金粉・銀粉だけが残り見事に仕事場に散らばった金粉・銀粉を集めることができたのです。

この習慣が商人や一般の人にも伝わって 『そばは金銀を集めることができるので縁起がいい』 ということで、大晦日にそばを食べる習慣になったそうです。

 

年越しそばはいつ食べるの?

年越しそばは、大晦日に食べるのはわかってます。

でも、大晦日の何時に食べるのが良いのでしょうか?

 

さかのぼること、江戸時代中期。

商家の月末にそばを食べるという習慣があったそうです。

月末に食べるそばのことを、三十日(みそか)そばといいます。

この三十日そばが、大晦日の行事になって年越しそばとなったといわれています。

 

では、大晦日のいつ食べるのか・・・

各家庭の事情で、夕食として食べたり除夜の鐘が鳴り響くころに食べたりといろいろです。

ということは、夕食として食べるのも除夜の鐘を聞きながら食べるのもどちらもOKです

 

でも、注意しなければいけないのは、年を越す前に食べ終わることは忘れないでくださいね。

 

そばは切れやすいですよね。

このそばの特徴を年に置き換えて『としきりそば』としてそばを食べることで 『悪いことを断ち切って良い1年を迎える』といわれています。

また、『細く長く無病息災を祈るため』という意味を込めて、そばを食べるともいわれています。

 

 

今年の厄(やく)をたち切って、くる年を新たな気持ちで迎えましょうっていうことです。

昔の人はよく考えましたよね^ ^

そばを食べて、良い新年を迎えましょうね。

 

 

まとめ

  • 年越しそばは、縁起をかついで食べるようになった
  • 年越しそばを食べるタイミングは、大晦日の何時でも良い
    ※年を越す前にたべること!

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る