中垣内祐一が全日本監督に!離婚して再婚!?妻のさおりと娘は!?

nakagaitiyuuiti

中垣内祐一さんが
全日本の監督に就任しました。

ネット上でも、祝福のコメントや
楽しみとか期待が大きいようです。

中垣内祐一さんは
ミスターバレーボールと
称されるほどのすごい選手です。

でも、離婚とか再婚とか
何だかバレーボール以外で
いろいろあるようですね。

今回は、中垣内祐一さんについて
いろいろ調べて見ました。

スポンサードリンク


全日本監督に!

まずは、中垣内祐一さんの
プロフィールをチェック!

 

プロフィール

名前:中垣内 祐一(なかがいち ゆういち)
生年月日:1967年11月2日
出身地:福井県福井市
身長:194cm
体重:94kg
高校:福井県立藤島高校
大学:筑波大学

 

中垣内祐一さんのチームを作り上げる
手腕には実績があります。

 

中垣内祐一さんは、現役を引退した後
Vリーグ(現在は、プレミアリーグ)チームの
堺ブレイザーズの監督をやっていて
2005年、2006年シーズンに連続優勝を
果たしています。

 

さらに、全日本男子のコーチも
やっていて指導者としての経験も
バッチリあります。

ファンからの期待もかなり大きいようです!

 

男子バレーボールは、オリンピック2大会
出場を逃しているので
中垣内祐一さんへの期待が高まるのも
無理ありませんね。

 

2020年の東京オリンピックが楽しみです!

スポンサードリンク


離婚して再婚!?

中垣内祐一さんの全日本監督への就任が
ニュースになる一方で
中垣内祐一さんに
不倫とか離婚とか再婚の文字が・・・

 

調べてみると、中垣内祐一さんには
不倫の事実があったようです。

 

2012年7月中旬に不倫があったようです。

2人が乗った車は途中で堺ブレイザーズの酒井新悟監督(42)を拾い、奈良県内のゴルフ場へ。プレー中、女性はキャッキャッと中垣内に駆け寄るなど、終始楽しげな様子を見せていた。6時間後にラウンドを終え、3人を乗せた車が堺市内に帰ってきたのは午後6時ごろ。女性が運転する車に乗り換え、中垣内の自宅からほど近い焼き鳥店へと向かった。

一行が店を出たのは3時間後。酒井監督とはその場で別れる。すると2人は車で一目散、ネオンが光るラブホテルへと消えたのだ。午後9時過ぎのことだった。それから2時間後、夜11時に中垣内を自宅近くまで送り届け、長いデートが終わった。「お相手は大阪に住む20代後半のOLのA子さん。中垣内とは共通の知人から紹介されて、知り合ったそうだ
出典:http://jisin.jp/serial/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/flash/5153

 

えっ!?

中垣内祐一さんが不倫!?

と思う位、誠実な男性のイメージがあり

ショックですね。

 

イケメンだからモテるのは
わかりますが・・・

 

妻のさおりと娘は!?

中垣内祐一さんは、1993年に結婚しています。

 

中垣内祐一さんより2歳年下の妻です。
名前は、さおりさん!

 

さおりさんは、中垣内祐一さんが
選手のときからいろんなことの
理解者であり支えてきた恩人のようです。

 

そんな妻のさおりさんを
裏切るような行為は、絶対に許されませんね。

 

子どもも娘さんが2人います。

カッコイイと自慢のパパだったと思います。
そのパパが自分たちの母親以外の女性と
関係を持ったとしたら
許せることじゃ無いでしょう。

子供もいますし、人の道に外れた軽率なことをしたのは事実です。そういったことが許される立場じゃないですから……。僕はこれで仕事も失いますし、監督としての芽もなくなるわけです。いろんな人に迷惑がかかるのが申し訳ないです・・・
出典:http://jisin.jp/serial/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/flash/5153

 

中垣内祐一さんは、不倫があったことを
認めています。

 

認めないで、言い訳するよりは
いさぎ良いですね。

 

でも、人の道を外れたことは、事実です。

 

充分に反省しているようです。

 

中垣内祐一さんは、選手からも
信頼されているそうなので
日本男子バレーボール復活に
適任なんだと思います。

 

2020年の東京オリンピックへの
出場を心待ちにしていますが
中垣内祐一さんの妻や子どもにも
家族サービスして欲しいですね。

 

中垣内祐一さんの活躍に
注目したいと思います。

スポンサードリンク


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る