ワチラロンコンの国王就任はいつなの!?ドイツとはどんな関係!?

watiraronkon

ワチラロンコン皇太子が
タイの新国王に即位することを
先送りすることを発表!

プミポン国王の死去は
タイ国民にかなりのダメージを
与えてしまっているようです。

ワチラロンコン皇太子は
悲しみに包まれているタイ国民に
配慮したそうです。

ワチラロンコン皇太子の
国王就任はいつなのか!?

調べてみました。

スポンサードリンク


国王就任はいつ!?

プミポン国王の長男の
ワチラロンコン皇太子も
かなり悲しみに沈んでいるようです。

 

国王即位を先延ばしした理由として
次のようなコメントをしています。
国政や王位継承に関して国民に混乱したり心配したりしないよう求めた

 

ワチラロンコン皇太子の国王就任について
こんな情報がありました。

戦場カメラマンの
渡部陽一さん
からの情報です!

 

暫定首相のプラユットさんが
一年間、国をまとめるんでしょうか!

スポンサードリンク


ドイツとはどんな関係!?

話しは、遡ること2011年。

 

ワチラロンコン皇太子は
ボーイング737型機を使っていたそうです。

 

国王の長男ってすごいですね。

ベンツ、フェラーリを超えて
飛行機を所有しているなんて・・・

 

ワチラロンコン皇太子の
ボーイング737型機が
ドイツ南部ミュンヘン空港で
差し押さえられてしまったことが
あるようです。

 

その理由は・・・
約20年前、バンコク市内と空港を結ぶ
道路工事をしたそうです。

 

その道路工事で揉めごとがあったようです。

 

タイ政府とドイツの建設会社とで
費用の支払いをめぐるトラブルが発生!

 

ドイツの建設会社側の話しによると
タイ政府側が度重なる契約違反をしたために
ドイツの建設会社が巨額損失を抱え
倒産してしまったんだそうです。

 

ドイツの建設会社の破産管財人の話しでは
タイ政府側の債務は
何と3千万ユーロ(約34億3千万円)以上。

 

ワチラロンコン皇太子の
ボーイング737型機の差し押さえは

ドイツが出来る「最後の手段」だったそうです。

 

プミポン国王は、国民の信頼が厚い
国王だったんですね。

 

プミポン国王と言うカリスマの後に
国をまとめることは
かなり大変なことだと思います。

 

ワチラロンコン皇太子は
来年(2017年)10月まで
タイ国民とどのように接するのか!

 

注目したいと思います。

スポンサードリンク


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る