キンドル・アンリミテッドのメリットとデメリット!本の種類は!?

キンドル・アンリミテッドのサービスが
2016年8月3日から
日本でも始まりました。

アメリカでは2014年から
キンドル・アンリミテッドのサービスが
開始されていて実績も豊富です!

キンドル・アンリミテッドは
電子書籍の定額読み放題サービス。

キンドル・アンリミテッドについて
調べてみました。

スポンサードリンク


メリットとデメリット!

キンドル・アンリミテッドは
Amazon.co.jpが提供する
電子書籍の定額読み放題サービスです。

Kindle Unlimited

 

月額980円(税込)
書籍が読み放題!

 

単行本の価格は1,300円位なので
本を月に1冊以上読む場合には
メリットがありそうですね。

 

メリット

  • 税込、月額980円で読み放題
  • 気になった本を手当たり次第読める
  • 立ち読み感覚で本が読める
  • 30日間、無料お試し期間がある

 

デメリット

  • 本として出版されているすべてが読めるわけじゃない
  • マンガや小説などの人気作品で、初めの数冊だけが読み放題で、その後の購読は有料となることもある

 

一度に利用できる上限は10冊まで
なんだそうですが
一度に10冊を読むことは
出来ないのでデメリットには
ならないですね。

 

個人的なデメリットで言うと
紙の本だとペラペラ
読みたいところを
探すことも出来ます
電子書籍だとペラペラが出来ません

スポンサードリンク


本の種類は!?

キンドル・アンリミテッドで
読める本の種類は、次の通りです。

 

和書12万冊以上

 

洋書120万冊以上の
Kindle版電子書籍

 

その他、雑誌やコミックなどが読み放題!

 

洋書の種類は、かなり豊富のようですね。

 

現在、アマゾンは
各出版社に対して次のような
交渉をしているようです。

ロングセラーや現行のKindle版と
同じ内容提供

 

収益の半額を電子書籍の
利用量に応じて出版社に支払う

 

読み放題となる本の提供は
出版社が選ぶそうです。

 

ちなみに、参加する出版社は

 

  • インプレス
  • ダイヤモンド社
  • 一迅社
  • 学習研究社
  • 幻冬舎
  • 光文社
  • 講談社
  • 主婦の友社
  • 手塚プロダクション
  • 秋田書店
  • 小学館
  • 祥伝社
  • 新潮社
  • 双葉社
  • 東京創元社
  • 東洋経済新報社
  • 白泉社
  • 文藝春秋
  • PHP研究所

 

などなど

 

今のところ、集英社
参加を見送っているようです。
すべての本を「はい、どうぞ!」とは
出来ないでしょうからね。

 

本を読む側には
とても便利なサービスに
なると思います。

 

でも、キンドル・アンリミテッドの
サービス開始で出版社や著者への
影響はどうなんでしょうか!?

スポンサードリンク


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る