アカカワイノシシの特徴は!大きさや食べ物について

akakawainosisi

アカカワイノシシが、神戸市中央区のポートアイランド内の動植物園「神戸どうぶつ王国」で、一般公開されていると話題になっています。

 

イノシシというと、「汚い」イメージがあります。

イノシシちゃん、ごめんなさい。

 

アカカワイノシシについて、調べてみました。

スポンサードリンク


アカカワイノシシの目次

スポンサードリンク


アカカワイノシシの特徴、見どころは?

アカカワイノシシの特徴は、背中にある白いライン

ただ白いだけだと、「ああ~そうなんだ」で終わってしましますが、この白い毛が、動くんです。

背中の白いラインの毛は、アカカワイノシシの感情で動くそうです。

 

アカカワイノシシの感情が穏やかなときは、お尻周辺の白いラインの毛が体・お尻に沿っているそうです。

でも、感情が高まると白いラインの毛がいきり立つようです。

 

動物園でアカカワイノシシの白い毛並みを見て、アカカワイノシシの今のご機嫌をうかがうのもおもしろいですね。

 

アカカワイノシシの大きさは?

アカカワイノシシの大きさは、58cm~96cmくらいです。

ちなみに、アカカワイノシシの寿命は、野生だと15年くらいで、動物園などで飼育されていると20年くらいといわれています。

 

また、アカカワイノシシを漢字で書くと、赤川猪
英語で書くと、Red river hogです。

 

アカカワイノシシの食べ物は?

アカカワイノシシの好きな食べ物は、農作物などの栄養がある食べ物を好んでいるようです。

各地で、農作物を荒らされることもけっこうあるそうです。
農家にとっては、天敵かも・・・

 

アカカワイノシシは、何でも食べるようです。

植物の根っこ・木の実・昆虫・へびも。

でも、基本は植物系の食べ物を食べるようです。

 

アカカワイノシシのぬいぐるみについて

アカカワイノシシのぬいぐるみを探したんですが、ありませんでした。
アカカワイノシシは、大人になるとしま模様がなくなりますが、小さいときは他のイノシシと同じようにしま模様があるそうです。
ということで、ウリ坊のぬいぐるみを見つけました。

 

アカカワイノシシは、キレイな毛並みをしているようですね。

東京から訪れた小学5年の西村菜々海さん(10)は「きれいでイノシシじゃないかと思った」と話していた。
http://www.sankei.com/west/news/150828/wst1508280056-n1.html

 

アカカワイノシシは、動物園の人気者ですね。

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る