好きな人がいることの主題歌は?知英が出演!?あらすじや脚本は!

sukinahitogairukoto

好きな人がいることが
2016年7月11日の
21時から始まります。

桐谷美玲さんが
主演と言うことで
どんなドラマなのかも
気になります!

好きな人がいることの
主題歌・あらすじ・脚本
などを調べてみました。

スポンサードリンク


主題歌は?

好きな人がいることの主題歌は?

どんなアーティストが担当するのか
気になっていました。

 

何と、元KARAの
知英(ジヨン)さんに
決定しました。

 

好きな人がいること〜ショートバージョン

 

知英さん、どんどんキレイに
なっていきますね^^

 

知英が出演!?

好きな人がいることの主題歌を
知英さんが歌うと言うことは
ドラマにも出演するの!?
と期待してしまいます。

 

今のところ、キャストには
知英さんの名前は
ありませんが・・・

 

でも、ドラマの重要な場面で
知英さんの出演があるかもしれませんね。

スポンサードリンク


あらすじ

パティシエの櫻井美咲(桐谷美玲さん)は
一流ホテルの中途採用試験を受けます。

 

ホテル試験に、櫻井美咲が自作した
ウェディングケーキを持込んで
アピールします。

 

でも、面接官のウケはイマイチ!
その結果、櫻井美咲は
一流ホテルの中途採用試験不採用に
なってしまいます。

 

不採用に納得出来ない櫻井美咲は
レストランでグチり始めます。

 

後輩の石川若葉(阿部純子さん)は
櫻井美咲が不採用になった理由を
次のように告げます。
ケーキを飾った人形のキス顏が
唇を突き出しすぎだったから!

 

その後、石川若葉は
予定(デート)があったために
帰ってしまいます。

 

一人残されてしまった櫻井美咲は
トイレに入りました。

 

すると、「不採用」の悔しさが・・・

 

しばらくして、心が落ち着き
トイレを出ようとすると
ドアの鍵が開きません。

 

店員が櫻井美咲を探しに来て
トイレのドアをこじ開けてくれました。

 

何とトイレのドアの鍵を開けてくれたのは
櫻井美咲の初恋の人だったんです!

初恋の人の名前は、柴崎千秋(三浦翔平さん)。

 

柴崎千秋と近況を話す櫻井美咲。

櫻井美咲は、柴崎千秋に
嘘をついてしまいます。
一流ホテルのパティシエだが
今は厨房が改装中で休み

 

柴崎千秋は、櫻井美咲に
湘南にある自分のレストランで
住み込みで働かないかと誘います。

 

柴崎千秋のレストランで
働くことを決めた櫻井美咲が
湘南に到着します。

 

湘南の砂浜で写真を
撮ってもらうために
相手を探す櫻井美咲。

 

すると、サーファー(山﨑賢人さん)が
現れました。

 

櫻井美咲は、サーファーに
強引気味にスマホを渡しました。
ジャンプの瞬間を撮ってもらうために

 

櫻井美咲は、ジャンプするも倒れてしまい
しかも、波をかぶってずぶ濡れに
なってしまいます。

 

サーファーは、そのずぶ濡れになった
櫻井美咲をスマホで撮影してしまいます。

 

サーファーの行動に、櫻井美咲は
カチンと怒りをあらわにします。

 

でも、怒った櫻井美咲を見ても
サーファーは無愛想に
その場を去ってしまいます。

 

柴崎千秋の家に着いた櫻井美咲。

いきなり櫻井美咲は
後ろから男性に抱きつかれます。

 

ちょっとして、柴崎千秋!?
と期待しますが別の男性でした。

 

抱きついてきた男性は
冬真(野村周平さん)でした。

冬真は、柴崎千秋の弟(三男)だったのです。

 

冬真は、櫻井美咲に
一緒に住むことになる
ことを伝えます。

 

そして、驚くことに
先ほど海でひどいことをされた
サーファーの姿もありました!

 

サーファーは、柴崎家の
次男で名前は、柴崎夏向。

 

レストランを支えるシェフだったのです!

櫻井美咲は、柴崎家の三兄弟たちと
共同生活することになります・・・

 

脚本

好きな人がいることは
完全オリジナルドラマです!

 

脚本を担当するのは
桑村 さや香(くわむら さやか)さんです!

 

埼玉県出身で、1982年生まれ。
今年34歳のお若い脚本家です!

 

2008年
『輪廻の雨』で
第21回フジテレビヤングシナリオ大賞
を受賞します。

 

その後、映画やドラマでも活躍!

映画
『ストロボ・エッジ』
「未来日記 ANOTHER:WORLD」
を手がけます。

 

2015年
月9ドラマ
『恋仲』
を担当しています。

 

好きな人がいること
海を舞台にどのように
ドラマが展開するのか!
楽しみですね。

スポンサードリンク


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る