横山由依が嫌われ役に奮闘中!カリスマではないリーダーって何!?

yokoyamayui

横山由依さんが
2016年6月26日の
情熱大陸に出演します。

AKB48のリーダーと言うと
高橋みなみさんの印象が強烈です。

横山由依さんは
知らず知らずに
高橋みなみさんと
自分自身を比較してしまい
落ち込むこともあるそうです。

今回は、横山由依さんについて
調べてみました。

スポンサードリンク



まずは、横山由依さんの
プロフィールをチェック!

 

プロフィール

名前:横山 由依(よこやま ゆい)
生年月日:1992年12月8日
出身地:京都府木津川市
身長:158cm
スリーサイズ:74cm – 60cm – 86cm
血液型:B型
所属事務所:太田プロダクション

 

嫌われ役に奮闘中!

横山由依さんの性格は
どちかかと言うと『おっとり』
しているそうです。

 

前総監督の高橋みなみさんには
絶対的なリーダーのオーラが
漂っていた気がします。

 

リーダーの役割は
チームをまとめることです。

ときには、注意することもあるでしょう。

 

注意された側の人は
注意した人のことを
何あの人・・・偉そうに・・・などと
直接反論したり、影口を言ったり
されるでしょう。

 

嫌われ役になることも
リーダーにとって
大切な役割なんだそうです。

 

でも、嫌われ役は
とても大切なんだそうです。

 

例えば、10人のメンバーの
リーダーをやっているとします。

 

10人のメンバー全てに
良い顔をしてわがままを聞いていたら
絶対にチームをまとめることは
出来ません。

 

全てのメンバーに
良い顔をしたいために
自分が出来ないことまで
引き受けてしまい
結局は嘘をつくことに
なったりします。

 

良い顔をし続けることに
ストレスを感じるように
なってきたりもするでしょう。

 

そして、次第に出来ないことを
引き受けてしまい
そのままにしていることで
何もやってくれないじゃない!?
と信頼を失くすことにもつながります。

 

メンバーが間違ったことを
言ったりやったりしたときも
同じだと思います。

 

良い顔をしないで
注意することが
大切なんだと思います。

 

AKBグループには
400人のメンバーがいます。

 

横山由依さんは
かなり苦労やストレスがあるようです。

そこに立っているのが申し訳ない

すべてを捨てて、海外に逃亡したいと思ったこともあった

スポンサードリンク


カリスマではないリーダーって何!?

横山由依さんのことを
調べていると『努力』の言葉が。

 

前総監督の高橋みなみさんは
横山由依さんのことを
みんなが認めるぐらいに
超努力家

と絶賛しているようです。

 

また、篠田麻里子さんも
(高橋)みなみの次に尊敬してるぐらい、本当に努力家
と言っているそうです。

 

横山由依さんは
オーディションに
合格するためにも
かなりの努力をしているようです。

 

2009年3月
SKE48第二期メンバーオーディションに不合格

 

2009年4月
AKB48 第五回研究生(8期生)オーディションに不合格

 

2009年9月20日
AKB48 第六回研究生(9期生)オーディションに合格

 

3回目に合格しています。

一言でみんなが黙ってしまう
リーダーもいるでしょう。

でも、横山由依さんのように
努力をしている人間には
人生の説得力が
あるんじゃないでしょうか!

総監督としての横山由依さんの活躍
そして、一人のアイドルとしても
注目したいと思います。

スポンサードリンク


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る