美人ハーフ歌手の杏真理子をトランク詰め殺人したのは元恋人!誰?

kyoumariko

爆報!THEフライデー
2016年6月24日に放送予定の
爆報ミステリー実録!
名前の出せない
芸能界事件簿第10弾

のタイトルが強烈です!

ハーフ美人歌手がトランク詰めにされ
殺害された事件の真相に迫る!

今回は、ハーフ美人歌手について
いろいろ調べてみました。

スポンサードリンク


美人ハーフ歌手は杏真理子さん!

美人ハーフ歌手の名前は
杏真理子さんです。

 

父親は、アメリカ人で
母親は、日本人のハーフです。

 

杏真理子さんの
プロフィールをチェック!

 

プロフィール

名前:杏 真理子(きょう まりこ)
生年月日:1949年1月15日
出身地:青森県三沢市
身長:160cm
スリーサイズ:85cm – 61cm – 91cm
高校:。青森県三沢市立理美容高校中退

 

杏真理子さんは
札幌のクラブで
歌っていたところを
スカウトされました。

 

1971年、日本コロムビアから
シングル『さだめのように川は流れる』で
歌手デビューします。

 

NTV紅白歌のベストテンに
選ばれるほど評論家には
注目されていましたが
同じ頃デビューした歌手に
小柳ルミ子さんの存在がありました。

 

小柳ルミ子さんの人気に
押されてしまいデビューシングル
『さだめのように川は流れる』の売上は
2.8万枚と言う結果になってしまいました。

 

ちなみに、小柳ルミ子さんの
ヒットシングルは
『わたしの城下町】でした。

 

その後、シングルを発売しましたが
ヒットすることはありませんでした。

 

そして、杏真理子さんは
1973年に歌手活動を休止。

 

音楽の勉強をするために
アメリカに渡りました。

 

美人ハーフ歌手トランク詰め殺人事件

杏真理子さんは
アメリカに渡り
ウエイトレスをしながら
音楽の勉強をしていました。

 

杏真理子さんは
日本でデビューするも
小柳ルミ子さんの人気の
影に隠れてしまって
夢が叶わぬままになってしまいました。

 

アメリカで一から
音楽の勉強をして
もう一度、夢を実現したいと
願っていたのかもしれませんね。

 

でも、杏真理子さんの夢は
またしてもさえぎられてしまいます。

 

しかも、元恋人に・・・

 

1974年4月8日
杏真理子さんは行方不明に
なってしまいます。

 

そして、翌日4月9日に
サンフランシスコ内のアパートで
トランクに詰め込まれた
杏真理子さんの遺体が
発見されました。

 

杏真理子さんを殺害した犯人は
元恋人だったんです。

元恋人は、杏真理子さんに
借金をしていたそうです。

 

元恋人は、杏真理子さんに
借金の返済を迫られ
頭に血がのぼってしまい
杏真理子さんを
殺害してしまったそうです。

 

このとき、杏真理子さんは
25歳でした。

 

人生これからと言う
ところで無念の結果に
なってしまいました。

スポンサードリンク


犯人は元恋人!?誰!?

杏真理子さんを殺害したのは
元恋人のタネヨシ・ミギタと言う
ハーフの男性でした。

 

父親は、日本人で
母親は、アメリカ人。

 

生まれは、アメリカでしたが
育ったのは、日本でした。

 

そのせいもあったのか
タネヨシ・ミギタは
英語が苦手だったようです。

 

杏真理子さんは
タネヨシ・ミギタと
出身地の青森県三沢市で
知り合ったそうです。

 

タネヨシ・ミギタは
逮捕歴が複数あって
ブラックリストにのるほどの
悪人でした。

 

杏真理子さんは
タネヨシ・ミギタと
芸能界に入る前に
付き合っていたようです。

 

その後、別れましたが
杏真理子さんが
芸能界デビューしたことを
知り再び近寄ってきたそうです。

 

杏真理子さんは
運悪く自分勝手な
男性に巡り合って
しまいました。

 

美人ハーフ歌手トランク詰め殺人事件
がなければ
現在、杏真理子さんは
テレビで華麗な歌声を
私たちに聴かせてくれていた
かもしれませんね。

スポンサードリンク


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る