名和晃平の年収や代表作品について!経歴がすごい!世間の評判は?

nawakouhei

名和晃平さんが入籍しました。
お相手は、アーティストの清川あさみさんです。

名和晃平さんの職業は、現代美術家と言うことで
作品や年収などなど、気になります。

今回は、名和晃平さんについて
いろいろ調べてみました。

スポンサードリンク


年収や代表作品について!

名和晃平さんの年収についての情報は
見つかりませんでした。

 

ここで、現代美術家の平均年収を調べてみると
約200万円と言うことがわかりました。

思ったよりも年収が少ないですね。

 

でも、名和晃平さんは、京都造形芸術大学大学院特任准教授
総合造形コース主任でもあり、個展も開いているので
名和晃平さんの年収は、200万円以上あるのは間違いありません。

 

最低でも、1,000万円はあるんじゃないでしょうか!

 

名和晃平さんは、ミュージシャンの坂本龍一さんと
コラボしています。

コラボした作品は、2011年の東京都現代美術館での
名和晃平さんの個展「Kohei Nawa – SYNTHESIS」から
ドローイング作品「Dot Synthesis」の
世界観を映像化したものです。

nawakouhei001

この名和晃平さんの映像に
坂本龍一­さんが音楽をつけて
コラボレーションが実現しました。

スポンサードリンク


経歴がすごい!

1975年 – 大阪府高槻市生まれ。
1998年 – 京都市立芸術大学美術学部美術科彫刻専攻を卒業。
2000年 – 京都市立芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了。
2003年 – 京都市立芸術大学大学院美術研究科博士(後期)課程彫刻専攻修了 博士号(美術)取得。
2004年 – 咲くやこの花賞 [美術部門](大阪市)
2005年 – アジアン・カルチュラル・カウンシルの助成によりニューヨークに半年滞在,京都市芸術文化特別奨励者。
2006年 – ダイムラー・クライスラー・ファウンデーション・イン・ジャパンによる,文化・芸術支援活動プログラム「アートスコープ」に参加 ベルリンに3ヶ月滞在。
2007年 – 京都府文化賞 奨励賞
2008年 – 六本木クロッシング2007(森美術館) 特別賞
2010年 – 京都造形芸術大学大学院特任准教授、総合造形コース主任に就任

 

世間の評判は?

スポンサードリンク


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る