タクシーに覚醒剤の忘れ物!入手元は!?0.85グラムの価格は?

kakuseizai

またしても、物騒なニュースが報じられました。

新潟県で、覚醒剤の忘れ物があったそうです。
場所は、タクシーの中です。

乗客が忘れたんだそうですが
最近、普通に覚醒剤のことを聞くので
これからの時代に不安を感じてしまいます。

今回は、新潟で起きた覚醒剤のニュースについて
調べてみました。

スポンサードリンク


タクシーに覚醒剤の忘れ物!

パスケースの中に覚醒剤を入れていたようです。
そして、その大切な!?パスケースをタクシーに
忘れてしまうと言うかなり落ち度がある行動ですね。

 

大切なものは肌身離さず持っていなければいけないですよね!

 

タクシーの運転手も落とし物として届けてくれたので
良かったですが、タクシーの運転手もやっていたら
この事件も公にならなかったですよね。

 

入手元は!?

入手元は、これから調査されるでしょう。

今回、起訴されたのは、埼玉県に住む男性でした。
関東と聞くと、やっぱり清原和博さんのニュースが
頭をよぎります。

 

清原和博さんの覚醒剤の入手元は、栃木県や群馬県でした。

清原が逮捕されて1週間になる。
覚醒剤の所持は認めているが、入手先については明らかにしていない。
ただ、都内から自分で運転して、群馬県や栃木県に出掛けていたことが確認されている。
高速道路を降りると、密売人とみられる人物に携帯電話で頻繁に連絡し、落ち合う場所を変えていた。
出典:http://www.j-cast.com/tv/2016/02/09257921.html

入手元は、清原和博さんと同じと言うことも考えられます!

スポンサードリンク


0.85グラムの価格は?

覚醒剤の価格は、高いと聞きますが
一体どれ位するのでしょうか!?

 

調べてみました。
末端価格で次の通りです。

覚せい剤の結晶状が、1グラム当たり60,000円だそうです。

と言うことは、0.85グラムの価格は
51,000円ですね。

 

高いですね。

ちなみに、覚せい剤以外の価格は次の通りです。

乾燥大麻:1グラム当たり4,000円
大麻樹脂:1グラム当たり8,000円
MDMA錠剤:1錠当たり4,000円

 

安くはないですよね。
高いお金を払って、健康を害するんですから
なんで!?と思ってしまいます。

 

たばこもある意味同じような
ものなのかもしれませんが・・・

値上がりしても、止められず
吸い続けてしまいますからね。

スポンサードリンク


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る