若月貴子副社長の意志ある撤退の真相は?年収が気になる!

wakatukitakako

クリスピー・クリーム・ドーナツが相次いで
閉店していることがニュースになっています。

行列ができるドーナツ店」の名前の通り
常に、店はお客さんの行列が出来ていました。

閉店」と聞くと、経営不振なのかな!?と思ってしまいますが・・・

今回は、クリスピー・クリーム・ドーナツの若月貴子副社長について
いろいろ調べてみたいと思います。

スポンサードリンク


クリスピー・クリーム・ドーナツが閉店!

今回のクリスピー・クリーム・ドーナツ閉店のニュースです。

「行列ができるドーナツ店」として人気を集めていたクリスピー・クリーム・ドーナツが、地方都市を中心に相次いで店を閉めている。
15年11月時点で全国に64店舗を展開していたが、4月以降は47店舗となる。
クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン(KKDJ)の若月貴子副社長は、一連の撤退が市場から追い立てられたものではなく、「意志ある撤退」だと主張する。
出典:https://thepage.jp/detail/20160328-00000001-wordleafv

64店舗あったクリスピー・クリーム・ドーナツが47店舗に・・・

17店舗も減ってしまうことを聞くと、

経営状況が良くないのでは!とマイナスな先入観を持ってしまいます。

 

意志ある撤退の真相は?

若月貴子副社長は、全面撤退ではないことを強調しています。

はやりはいつか終わります。
20年、30年と愛されるブランドになるためには、今のうちに事業運営を抜本的に見直さなければ日本に長く残れません

勇気ある決定だと思います。

うまくいっているときに、今後のことを考えるって、

なかなか出来ないようですね。

過去の成功や栄光にすがってしまうことってありますよね。

 

あのモンスター企業のソニーも過去の栄光に

すがっていて経営を見直ししなかった

と言うようなことも聞きます。

 

そう考えると、若月貴子副社長の言っていることは、

将来を見据えた意志ある撤退なんだと思います。

 

良いか悪いかは、結果が教えてくれますからね!

今のまま経営を続けていて、手遅れになるよりは、

ずっと良いと思います。

スポンサードリンク


年収は!?

若月貴子副社長は、社長にこんなことを言われたそうです。

若月さん、僕は 「グッドな会社」ではなく、「エクレセントな会社」にしたいな

社長の言葉を聞いて、若月貴子副社長は自分のやるべきことは、

この会社を強くすることなんだ!と思ったんだそうです。

 

若月貴子副社長は、向上心があって行動力のある方だと思います。

 

気になる年収ですが、情報がありません・・・

クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパンの利益&資産は、

次の通りです。

純利益3億4041万3000円(2011年3月期)
純資産14億4856万2000円(2011年3月31日時点)
総資産37億1438万8000円(2011年3月31日時点)

 

若月貴子副社長の年収は、かなりの実力者なので

1億円位は、クリアーしているのではないでしょうか!

 

意志ある撤退の結果は・・・

再び「行列ができるドーナツ店」として、

クリスピー・クリーム・ドーナツがトレンドの先頭に立つ日が楽しみですね。

スポンサードリンク


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る