キース・エマーソンは病気と闘っていた!死因はなんだったのか!?

ki-suema-son

キース・エマーソンさんがお亡くなりになりました。
今、音楽でシンセサイザーは、当たり前のように使われていますが、
キース・エマーソンさんは、このシンセサイザーの先駆者なんですね。
今回は、キース・エマーソンさんについて、
いろいろ調べてみました。

スポンサードリンク


まずは、キース・エマーソンさんのプロフィールを見てみましょう!

 

プロフィール

名前:キース・エマーソン(Keith Emerson)
生年月日:1944年11月2日
出身地:イギリス

 

キース・エマーソンさんは、イングランド西北部にある行政区域

「ランカシャー」のトドモーデンで生まれました。

ランカシャー州と呼ぶこともあるそうです。

 

病気について

キース・エマーソンさんは、フォーカル・ジストニアと言う難病と闘っていたそうです。
フォーカル・ジストニアは、ピアニストとかヴァイオリニストに襲いかかる病気で
音やリズムを正確につかむことや作ることが出来なくなってしまうそうです。

 

でも、楽器を演奏しなければリズムをつかむことが出来るそうです。

楽器を使うアーティストにとっては、なんとも歯がゆい状態ですよね。

スポンサードリンク


死因について

ニュースでは、キース・エマーソンさんは、アメリカのカリフォルニア州サンタモニカにある自宅で亡くなっていたと報じています。

 

死因については、今のところ不明のようです。

 

でも、アメリカビルボード誌の記事では、キース・エマーソンさんの頭には銃傷があったと書かれているようです。

地元サンタモニカ警察は、銃傷などから自殺の可能性も含めて調べを進めているそうです。

 

かなりショッキングなことになってしまいます。

 

キース・エマーソンさんは、フォーカル・ジストニアと言う難病に襲われて、
キース・エマーソンさん自身の表現方法の一つの楽器に触れたくても触れることが出来ない状況に苦しめられていたのではないでしょうか!

 

キース・エマーソンさんにとって楽器を触ることは、
呼吸をするのと同じくらい当然のことだったことが、
突然、思うように演奏できなくなってしまうんですから・・・

 

キース・エマーソンさんのご冥福をお祈りいたします。

スポンサードリンク


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る