巨人新オーナーに老川祥一が就任!wikiをチェック!経歴は?

oikawasyouiti

4人目の野球賭博関与選手が・・・
野球賭博問題で引責辞任することになった白石興二郎オーナー。
巨人の新オーナーに老川祥一さんが就任しました。
今回は、老川祥一さんについて、
いろいろ調べてみました。

スポンサードリンク


ドロドロ感が満載の野球賭博問題!
またしても、野球賭博をやっていた巨人の選手が出てしまいました。

 

まずは、老川祥一さんのプロフィールをチェック!

 

巨人新オーナー 老川祥一さんのwiki

名前:老川 祥一(おいかわ しょういち)
生年月日:1941年10月25日
出身地:東京都
高校:聖学院高校
大学:早稲田大学政治経済学部

 

老川祥一さんのような経歴の持ち主をエリートコースと言うのでしょうか!

老川祥一さんは、1964年4月に読売新聞社に入社しました。

 

記者として盛岡支局、政治部、

そして、アメリカ合衆国ワシントン支局でキャリアを積みました。

 

政治記者として、大物政治家と接したこともあります。

 

老川祥一さんは、政治家の本音なども聞くことが出来たのでしょうね!

政治家の本音を綴った書籍も書いています。

政治家の胸中 〔肉声でたどる政治史の現場〕

 

性格は、迷わず直筆で手紙を書いて送るほどマメなんだそうです。

 

このマメさが人を惹きつけるポイントなのかもしれませんね。

スポンサードリンク


老川祥一さんの経歴

部長・次長・本部長・・・

長・長・長、良い感じ・・・

老川祥一さんは、かなり仕事が出来たんですね。

相当に努力もされたんだと思います。

 

老川祥一さんの経歴をご覧ください!

長・長・長のオンパレードです。

 

1964年 – 讀賣新聞社(現:読売新聞東京本社)入社
1986年 – 論説委員
1993年 – 政治部長
1995年 – 編集局次長
1996年 – 調査研究本部長
1998年 – 取締役編集局長
2001年 – 大阪讀賣新聞社(現:読売新聞大阪本社)専務取締役編集担当
2004年 – 読売新聞大阪本社取締役副社長
2005年 – 読売新聞大阪本社代表取締役社長
2006年 – 読売新聞グループ本社取締役大阪担当
2007年 – 読売新聞グループ本社取締役編集担当、読売新聞東京本社代表取締役社長 編集主幹
2011年 – 退任(後任は白石興二郎)、読売新聞グループ本社取締役最高顧問
2013年 – 読売新聞グループ本社取締役最高顧問兼主筆代理
2014年 – 読売新聞グループ本社取締役最高顧問兼主筆代理国際担当(The Japan News主筆)
2016年 – 読売巨人軍オーナーに就任。

 

昨年、リーグ優勝を逃し、野球賭博関与選手が出てしまった巨人軍!

かなり大変な時期に、老川祥一さんは、オーナーに就任することになります。

巨人軍をどのように立て直して行くのか!?

 

老川祥一さんの手腕に注目したいと思います。

2016年、巨人は日本一になるでしょうか!?

スポンサードリンク


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る