ひな人形の飾る時期は!?しまう時期は!?

毎年、女の子のいらっしゃるご家庭では、
3月が近くなると、ひな人形を押入れの奥から必死の思いで、
出しているのではないでしょうか!?

 

ひな人形の飾る時期やしまう時期が気になります。
おひな様の由来なども合わせて、調べてみました。

スポンサードリンク


由来は!?

女の子の身を襲う災難を紙人形に移して、

その紙人形をお祓(はら)いする習慣があったそうです。

この紙人形を流し雛(ひな)と言いました。

 

大役を終えた、災難を背負ってくれた紙人形は昔は川に流していたようです。

また、お寺や神社に納めて供養していただくこともあるようです。

 

そして今、ひな人形は親から子へ、子から孫へと伝えられるようになったのです。

 

地域によって違いがあるようですが、ひな祭りは3日間かけて行う行事です。
3月2日・・・宵節句(ひな祭りイヴとでも言いましょうか)
3月3日・・・本節句 3月4日・・・送り節句

スポンサードリンク


飾る時期は!?

立春(2月4日)から2月中旬ごろひな人形を飾り、3月5日以降に、おひな様に感謝を込めて念入りにお手入れして片付けるというのが習慣です。

 

ひな人形を片付けるのが遅いと結婚が遅くなるなんて言いますが、そのようなことはないようです。

 

しまう時期は!?

もし、ひな人形の片付けが遅れてしまい、どうしても気になるようでしたら、

ひな人形を後ろ向きにしてゆっくり休んでいただくようにすればいいようです。

 

ひな祭りは女の子が健全で健康に成長しますようにを祈る節句です。
感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

 

ひな人形の飾るタイミングの話しからそれますが、うれしいひな祭りの2番に、

『お内裏様(だいりさま)とおひな様、二人ならんで、すまし顔・・・』 と

言う歌詞がありますが、お内裏様(だいりさま)は男雛と女雛のことを言い、

お内裏様(だいりさま)とおひな様・・・は間違いのようです。

 

たぶん、字余りになってしまうので、お内裏様(だいりさま)を男雛・おひな様を女雛に例えたのでしょうけど・・・

スポンサードリンク


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る