篠原大作の死因は!?病名はなんだったの?

sinoharadaisaku

ニュースで篠原大作さんがお亡くなりになったことを知りました。

3年B組金八先生や太陽にほえろ!などに出演していたそうです。

俳優と声優として活躍されていました。

今回は、篠原大作さんについて、

いろいろ調べてみました。

スポンサードリンク


まずは、篠原大作さんのプロフィールを見てみましょう。

 

プロフィール

名前:篠原 大作(しのはら だいさく)
生年月日:1933年7月4日
出身地:北海道
身長:174cm
体重:67kg
血液型:O型
所属事務所:東京俳優生活協同組合・81プロデュース

篠原大作さんは、3年B組金八先生 第1シリーズ第10話「女生徒軍団朝帰り」に出演していたそうです。

 

園田エミ子(荒井美恵子さん)の父親、園田栄治役を演じていました。

 

ちょっと、篠原大作さんの画像がなかったので、

園田エミ子(荒井美恵子さん)の画像をどうぞ!

sinoharadaisaku001_sonodaemiko

 

篠原大作さんは、かなりテレビドラマに出演していたようですね。

世にも奇妙な物語 『ま・ば・た・き』
いとしい恋人たち(1959年)
幸福ゆき(1975年)
太陽にほえろ!
第201話「にわか雨」(1976年)
第214話「奇妙な友達」(1976年)
第316話「ある人生」(1978年)
第666話「父親ブルース」(1984年)
第701話「ヒロイン」(1986年)
第707話「いつか見た、青い空」(1986年)
第708話「撃て!愛を」(1987年)
特捜最前線
第127話「裸の街1・首のない男!」(1979年)
第186話「東京、殺人ゲーム地図!」(1980年)
第344話「幻の父・幻の子!」(1984年)
第396話「万引少女の告白!」(1984年)
第430話「昭和60年夏・老刑事船村一平退職!」(1985年)
3年B組金八先生 第1シリーズ第10話「女生徒軍団朝帰り」 – 園田エミ子の父・栄治
Gメン’75 第315話「独房の中の花嫁」(1981年)
新・海峡物語(1981年)
ザ・サスペンス / ソープ嬢モモ子シリーズ2・聖母モモ子の受難(1983年)
大河ドラマ
徳川家康(1983年) – 足利義昭
山河燃ゆ(1984年)
葵 徳川三代(2000年) – 生駒親正
はぐれ刑事純情派(1988年)
松本清張スペシャル・やさしい地方(1988年)
嘘を重ねて(1989年)
ゴリラ・警視庁捜査第8班(1989年)
予備校ブギ(1990年)
踊る大捜査線 歳末特別警戒スペシャル(1997年)
バーチャルガール(2000年)
出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/篠原大作

スポンサードリンク


死因は!?

篠原大作さんは、82歳でした。

昨年(2015年)、妻の花形恵子(本名は、篠原恵子)さんと

死別していました。
筆者の会社に、80歳前後の方がけっこういらっしゃるんですが、
皆さんお元気なので、82歳と聞くと、まだまだお若いと感じてしまいました。

 

病気療養中だったそうなのですが、
死因についての情報は、今のところありません。

 

長年連れ添った、妻を失ってしまい精神的に心細かったのかもしれません。

 

病名は!?

篠原大作さんの病名は、なんだったのか!?
調べてみたんですが、「病名」についても
情報がありませんでした。

 

篠原大作さんのご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサードリンク


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る