琴奨菊が優勝!10年前に優勝した日本人力士は誰!?

kotosyougiku

琴奨菊さんが優勝しました!

おめでとうございます。

ネット上で、弱いと話題になったこともあるようなので、

汚名返上ですね。

「10年ぶり」との言葉が飛び交っています。

今回は、相撲について、

いろいろ調べてみました。

スポンサードリンク


まずは、今回優勝した、琴奨菊さんのプロフィールをチェック!

 

琴奨菊さんのプロフィール

名前:琴奨菊 和弘(ことしょうぎく かずひろ)
生年月日:1984年1月30日
出身地:福岡県柳川市
身長:179cm
体重:180kg
血液型:O型
所属部屋:佐渡ヶ嶽部屋

 

琴奨菊さんの経歴

琴奨菊さんの父親は、建設会社の社長をしています。

琴奨菊さんは、三男として生まれます。

ソフトボールをやっていて、4番を打ったこともあるそうです。

小さい頃に、福岡県に巡業で訪れた貴花田(後の横綱・貴乃花)の膝に乗せられ記念写真を撮ったこともあるそうです。

この貴乃花との思い出が、相撲を続ける上での大きな励みになったそうです。

 

高知県の明徳義塾中学校に相撲留学して、

1998年(琴奨菊さん、3年生)には、全国中学校相撲選手権大会で優勝しました。

中学横綱の称号を手に入れます。

 

その後、明徳義塾高校に進学!

琴奨菊さんは、小学生のころから佐渡ヶ嶽親方の目に留まっていて、佐渡ヶ嶽部屋へ入門することになります。

スポンサードリンク


琴奨菊さんの本名は?

琴奨菊さんの本名は、菊次 一弘(きくつぎ かずひろ)さんです。

四股名(しこな)に、自分の苗字の一文字「菊」を入れてるんですね。

 

琴奨菊さんは、いろんなニックネームを持っています。

キク

名前の通りですね。

ボロ奨菊

怪我が多いことが由来なんだそうです。

柳川の石臼

顔が四角いからだそうです。

 

10年前に優勝した日本人力士は誰!?

筆者は、相撲のことぜんぜんわからないので、

相撲で優勝と言うと、「白鵬」しか思い浮かびません。

 

日本人力士は誰・・・

栃東 大裕(とちあずま だいすけ)さんです。

2006年(平成18年)1月場所で、優勝しました。

勝敗成績は、14勝1敗!

このとき、栃東大裕さんは、13場所ぶりの優勝で、

通算3度目の幕内最高優勝だったそうです。

スポンサードリンク


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る