ハキーム、陸上の記録は驚異的!世界陸上とオリンピックでメダル獲得!?

陸上競技のハキーム選手を知ったのは最近のことです。

桐生選手よりすごい!ボルト選手よりすごい!などと評価は相当に高い選手です。

100m、9秒台の期待が高まりますね。

ハキーム選手について調べてみました。

スポンサードリンク


ハキーム選手のフルネームは、サニブラウン・アブデル・ハキームです。
ハキーム選手のプロフィールを見てみましょう。

 

ハキーム選手のプロフィール

生年月日 1999年3月6日
身長 187cm
体重 74kg
足のサイズ 30cm
血液型 O型
中学 城西大附属城西中学校
高校 城城西大附属城西高校

 

ハキーム選手は恵まれた体を持っていますね。

あとは記録を出すだけ!といってもいいくらいです。

ハキーム選手の出身は福岡県で、今住んでいるのは東京都です。

 

ハキーム選手のご両親

ハキーム選手のすごさは、ご両親のDNAを受け継いでいるのでしょう。

 

父親は、ガーナ人で、名前はラティフさんです。

プロスポーツ選手にはなっていませんが、若いころはサッカーをやっていたようです。

 

母親は、日本人で、名前は明子さんです。

母親は、福岡県立宗像高校で全国高等学校総合体育大会陸上競技大会(インターハイ)に、100mと100mハードルで出場したスプリンターでした。

 

ハキーム選手と陸上の出会い

ハキーム選手はもともと、父親の影響もありサッカー(FW)をやっていました。

でも、ハキーム選手を見て、この子は団体競技(サッカー)には向いていないのでは?と思い、ハキーム選手に陸上を勧めたようです。

陸上との出会いは、ハキーム選手、小学校3年生のときでした

 

母親は、ハキーム選手にただ陸上を進めただけじゃありませんでした。

母親の知り合いの大森誠一さんの陸上クラブに入会させたのです。

大森誠一さんは、バルセロナとアトランタオリンピックで400m・4×400mリレーの陸上日本代表で出場した方です。

 

母親は、ハキーム選手に本格的に陸上をやってもらいたいと願ったのでしょうね。

さすが、元スプリンターですね。

 

さらに母親は、走り幅跳びの日本記録保持者の森長正樹さんとも知り合いで、その森長正樹さんはハキーム選手に幅跳びを教えているそうです。

母親の人脈もすごいですね!

 

ハキーム選手のスプリンターとしてのセンスは、母親譲りで、体格は、父親譲りですね。

 

これほどまでに、恵まれた環境・体を持っているハキーム選手は、仮に、サッカーをやっていたとしても、注目される選手になっていたのではないでしょうか!?

スポンサードリンク


ハキーム選手の記録は驚異的

ハキーム選手の記録には本当に驚きます。

2015年7月15日(水)~19日(日)の期間でコロンビア(カリ) で開催された、第9回世界ユース陸上競技選手権大会でその記録が出ました。

  • 100m 10秒28
  • 200m 20秒34

しかも、100m・200mともに優勝です。

さっそく、レースを見てみましょう。

 

100m決勝

200m決勝

 

100m・200m両方とも安心して見ていられるレースですよね。

ハキーム選手の圧倒的な強さが、すごくすっきりして爽快です!

 

 

ハキーム選手の記録は、高校歴代何位なのでしょうか?

100mの記録、10秒28は高校生男子100m歴代記録の第5位にランクインします。

高校生男子100m歴代記録(1位~5位)

順位 タイム 選手名 高校 記録更新日
 1 10秒01 桐生祥秀 洛南高校 2013年4月29日
 2 10秒23 大瀬戸一馬 福岡県立小倉東高校 2012年4月29日
 3 10秒24 高橋和裕 奈良県立添上高校 1994年8月2日
 4 10秒27 宮田英明 東京農業大学第二高校 1990年10月22日
 5 10秒28 宮崎久 福岡県立八女工業高等学校 1997年6月29日
 5 10秒28  サニブラウン・アブデル・ハキーム  城西大学附属城西高等学校 2015年7月15日

ちなみに、桐生選手の高校2年生のときのタイムが10秒19でした。

桐生選手のすごさがわかりますね。

ハキーム選手は、2015年時点で16歳の高校2年生です。

あと1年で、どのくらいのタイムを出してくれるか期待も膨らみますね。

スポンサードリンク


200mの記録、20秒34は高校生男子200m歴代記録の第1位にランクインします。

高校生男子200m歴代記録(1位~5位)

順位 タイム 選手名 高校 記録更新日
20秒34 サニブラウン・アブデル・ハキーム 城西大学附属城西高校 2015年7月19日
20秒41 桐生祥秀 洛南高校 2013年6月15日
20秒57 高橋和裕 奈良県立添上高校 1994年6月19日
20秒71 松本一輝 花園高校 2001年6月16日
20秒77 愛敬彰太郎 三重県立桑名高校 2012年7月7日

 

ハキーム選手、200mはすでに、高校歴代1位にランクしています。

高校在籍中に、記録を何回更新できるか見ものですね。

 

 

ハキーム選手、世界陸上とオリンピックでメダル獲得できるか!?

ハキーム選手の今の100m・200mの記録だけを考えると、100m・200mともに世界歴代10位以内に入ることもできません。

 

でも、可能性のある選手なので、これから先、どんどん記録を更新してくれるでしょう。

 

2015年世界陸上北京大会には、肉離れで出場することができない、桐生選手も優れたスプリンターです!

 

この2人がライバルとなるのは間違いないでしょう。

2020年オリンピック東京大会では、ひょっとして、ハキーム選手桐生選手金メダル争いと、さらに世界記録更新という、超ハイレベルな対決も見られるかもしれません。

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る