選挙必勝法!新潟県弥彦村で酒を配る!選挙の数だけ違反あり?

senkyo

新潟県弥彦村の4月の選挙で酒を配るという違反行為があったそうです。

 

そのニュースの内容がこちらです。

4月の統一地方選で当選した新潟県弥彦村の石川守村議(82)が、有権者に日本酒を配ったとして公選法違反(買収)容疑で新潟県警に書類送検されていたことが11日、県警への取材で分かった。

ギブアンドテイク!

あげたんだからちょうだい手法ですね。

スポンサードリンク


選挙に受かってホッとしていると、裏切者が・・・

酒をもらった人?

石川守村議の側近?

 

酒をもらった人なら、こんな風にいうかな?

なんだこのやろぅ~、うまい酒やったじゃないか?なにちくってんだよ!

 

石川守村議の側近だったら、どうだろう・・・

選挙に受かったら、金やるっていったじゃないか?

 

どっちにしても、やってはいけないことをやったんだから、違反容疑といわれてもしょうがないですね。

 

石川守村議の今回使ったのは、投票を募る目的で、日本酒(一升瓶)を20本以上配るという手法のようです。

 

仮に日本酒(一升瓶)が3,000円だとしたら、20本×3,000円=60,000円。

最低60,000円のリスクを負って投票を得ようとしたんです。

20本以上ということなので、100,000円位?

100,000円で当選できれば、安いものですね。

 

権力、レッテルがいただけるのですから・・・

 

選挙に当選することは、これほどまでに気を使わなければならないんだなと、選挙に勝つための大変さ過酷さが伝わってきます。
でも、他にやり方はないものでしょうか?

 

これからの生活は、こんな風に変わって、こんなところは負担してもらわなければなりませんが、こんなところあんなところはすごく楽になりますよみたいに・・・

 

このようなことができないから、お酒どうぞ手法を使うしかなかったのかな!?

 

俺はこうする!的な、志を高く持たないとできないのかもしれませんね。

スポンサードリンク


公選法違反まとめ

  • 熊本県で、投票を募る目的で宴席をもうけて、1,000円を会費としていただき、残りの4,000円を提供した
  • 兵庫県で、空出張(温泉)費や多額の切手(金券購入費)代を計上(あの有名な野々村さん)
    ※当選してからもいろいろとお金がかかるのですね
  • 新潟県で、投票を取りまとめてもらったお礼に数千円の接待をした
    ※努力報われず、結局、落選してしまった
  • 埼玉県で、大学生に選挙運動を時給1,000円でお願いした
    ※大学生の苦労も実らず落選
  • 衆院選で、選挙運動員を買収して、看板を設置してくれたお礼に518,400円を渡した

他にも、たくさん公選法違反はあります。

票をお金で買う

今の、世の中お金でなんでも買えるんですね。

本当に、便利な世の中です^^

 

 

戦後最大の総理大臣といわれる、田中角栄さんは初めて衆院選に立候補したときにこんなことをいったそうです

新潟の雪をなくすためにどうするか?
三国峠の山を削って平らにする。
土は海に埋めて佐渡と陸続きにすればいい!

 

すごいっ!

熱すぎますよね。

 

票を入れたくなります。

 

お金や酒じゃなくて、本気の叫びを聴きたいですよね。

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る