前澤友作の名言集!年収アップの法則は?

maezawayuusaku

前澤友作さんが、今何なと話題になっていますね。

紗栄子さんとの交際は、本当らしいです!

結婚は、あるのでしょうか!?

今回は、前澤友作さんの名言を集めてみました。

年収アップの法則がわかるかも!

スポンサードリンク


前澤友作の名言集!

「カッコ良さ」とは何に対しても真面目で優しく、謙虚であることだと思います。

自分アピールじゃなくて、相手を気遣う優しさを持つことが、

カッコイイの定義なんですね。

自己満足のカッコ良さは、相手の心に響かないんですね。

 

 

「スタッフと家族の生活を背負っている」という考え方も、僕はとりません。そう考えると、かえって「経営者 対 従業員」という意識になってしまう。雇用者/被雇用者という関係が前提になってしまうのが、あまり好きではないのです。立場は違っても、楽しいときはみんなで楽しみ、つらいときはみんなで力を合わせて切り抜けるしかない。それが僕の基本的な経営観です。

「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」と福沢諭吉さんも言っています。

社長だからとか、部長だからとかで、

偉そうな態度をしちゃいけないんですよね。

前澤友作さんは、魅力ある方なんだと思います。

社員からの信頼がめちゃくちゃあるんでしょうね。

偉ぶっていないのに、偉いオーラがすごく出ています。

これが本当の経営者なんですね。

筆者がお世話になっている会社は、真逆です(^_^;)

まっ、勉強になっていますが・・・

 

 

ZOZOTOWNは通販事業のため、大きな物流センターが必要ですが、これは期間限定で借りているものです。借金をして自前で大きな倉庫をもって、何かあったときに周りに迷惑をかけてしまってはいけない。そう考えると、臆病というか慎重になります。でも、身軽でいるからこそいろんな挑戦ができるという面もあります。

 

 

いい人が集まれば、いい事業ができます。すると、いい会社ができ、いい商品が提供できる。

 

 

いい人が集まれば、いい商品が提供でき、いい会社ができる。いい会社にはまたいい人が集まって、好循環が生まれます。

 

 

スタートトゥデイの企業理念は「世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。」と掲げていますが、私は企業経営をしながら世界平和を目指しています。

 

 

基本から考えれば、解決策は見つかります。大事なときほど基本に立ち返れる人は強い。

 

 

思いやこだわりなど背景となる哲学が伝わるものがブランド力。

 

 

時計を気にしながら仕事に取り組むのではなく、時間を忘れるほど楽しみながら知恵を絞る方が良いものができる。

 

 

僕自身は、どんな仕事でも楽しめるという自信があります。高校時代、建築現場の作業やスーパーのレジ打ちなど、学生がするようなアルバイトは一通り経験しましたが、僕はどれも楽しむことができました。荷物をひたすら積み上げる単純作業だって、頭の中で歌を歌いながらリズムに合わせて動くようにすれば、きっと楽しくなる。どうせ仕事をするなら、楽しむ方法をその都度考えれば楽しくなるし、時間もあっという間に過ぎていきます。自発性があれば仕事は楽しめます。

スポンサードリンク


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る