瀬戸欣哉の年収や経歴について!家族も気になる!

setokinya

瀬戸欣哉さんが住宅設備大手LIXIL(リクシル)グループの社長に就任しました。
瀬戸欣哉さんは、株式会社MonotaROの代表執行役社長を努めていて、
経営手腕がかなり評価されています。

瀬戸欣哉さんは、どのような方なのか?
気になったので、年収や経歴、
家族についても調べてみました。

スポンサードリンク


まずは、瀬戸欣哉さんのプロフィールをチェック!

 

瀬戸欣哉さんのプロフィール

名前:瀬戸 欣哉(せと きんや)
1960年生まれ
東京大学経済学部卒業

 

瀬戸欣哉さんの経歴

1983年、住友商事株式会社に入社

1990年、米国住友商事デトロイト支店赴任

1996年、米国ダートマス大学にてMBA取得

1998年、米国アイアンダイナミックスプロセスインターナショナル社社長

2000年、住商グレンジャー社(現株式会社MonotaRO)を設立して取締役に就任

2001年、株式会社MonotaROの代表取締役社長に就任

2005年、住友商事株式会社退社

2006年、株式会社MonotaRO代表執行役社長就任(現任)

出典:http://kigyoukadaigaku.com/patron/teacher/kseto.html

 

東京大学経済学部と言うだけで、

すごく頭が良い方だなと思ってしまいますが、

活動は、日本に留まることなく、

世界で活躍しているところが、

かなりすごい!と思ってしまいます。

 

瀬戸欣哉さんは、異次元の存在ですね。

東京大学経済学部には、

「良い大学に入れば、将来が補償される」的な考えで、

受験したんじゃ無いことがわかりますね。

 

瀬戸欣哉さんは、東京大学経済学部で学んだことを、

自身の知識にして、

新しい価値を生み出すことが出来る方なんですよね。

 

今の時代、『目的志向型』の考えが必要とされています。

 

自分自身がどうなりたいか!?

これが無いと、これからの時代生き残れないそうです。

スポンサードリンク


瀬戸欣哉さんの年収は?

株式会社MonotaROは、事業者向け通販サイトで、

2014年12月期の売上高は、449億37百万円。

 

今は、インターネットが普通にある時代です。

『通販』と言う販売形態は、お金を生むんですね。

 

瀬戸欣哉さんの年収は、『億』に届いているのではないでしょうか。

 

瀬戸欣哉さんの家族は?

瀬戸欣哉さんの家族についての情報が、

今のところ見つかりませんでした。

 

仕事は成功しているけど、家庭が崩壊している

ことも、かなりあるようです。

 

マスコミは、成功と言う「光」の部分だけを取り上げるけれど、

成功の裏にある「影」もあるそうです。

 

瀬戸欣哉さんの家族についての情報が無かったので、

ちょっと、光と影の話しを思い出してしまいました。

 

瀬戸欣哉さんは、

社会構造を変えるような大きなことをしたい

と言っています。

 

瀬戸欣哉さんは、これから先どんな経営をするのか!?

注目したいと思います。

スポンサードリンク


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る