近藤太香巳の学歴や年収について!名言も集めました!

kondoutakami

近藤太香巳さんが、「DV不倫」をしていたそうで、

今、ニュースになっています。

熱血カリスマ起業家で、有名のようですね。

実業家として成功している近藤太香巳さんについて、

学歴や年収のことが気になったので、

あと、近藤太香巳さんの名言なんかも合わせて、

調べてみました。

スポンサードリンク


近藤太香巳さんのプロフィールをチェック!

 

プロフィール

名前:近藤 太香巳(こんどう たかみ)

出身地:大阪府

生年月日:1967年11月1日

血液型:A型

 

近藤太香巳さんは、19歳のときに、

父親の勧めで、大阪市天王寺区に、

「日本電機通信会社」を設立します。

 

そのときの資本金は、50万円だったそうです。

 

後に、販売拠点を香川県高松市に移して、

会社名を、「日本テレックス」に変えました。

 

34歳のときに、現在のジャスダック(当時は、ナスダック・ジャパン)に上場。

37歳のときに、東証一部に上場しました。

2004年時点では、最年少創業社長でした。

これが、近藤太香巳さんが『カリスマ』と言われる所以ですね。

 

学歴は?

近藤太香巳さんの学歴については、

情報がありません。

 

近藤太香巳さん、高校は、2回中退しているそうです。

19歳で起業しているので、

大学には、入学していないのかもしれません。

 

現在、近藤太香巳さんは、

東京大学、一橋大学、早稲田大学などで、

講演をすることもあるそうです。

 

日本は、学歴を重視するようなところがありますが、

起業するのに、学歴は関係ないような気がします。

 

ちょっと前に、テレビを見ていたら、

元読売巨人軍の元木大介さんが、

大卒は有利的なことを言ってました。

 

球団関係の仕事に就くのに、

先輩が○○大学出身者だと、

同じ大学出身の後輩を採用するような風習があるそうです。

 

自分で道を開くことの出来る、

近藤太香巳さんには、大卒と言う肩書きは必要ないですね。

 

年収は?

近藤太香巳さんは、社長をやりながら、

公演をやったり、本を書いたりもしています。

  • パッション・ナビゲーター
  • 夢みることから始めよう
  • Dreams―夢は大空へ、努力は足元へ 近藤太香巳物語
  • 日本で一番の情熱会社をつくる
  • リーダーは背中で語れ

興味をそそるタイトルばっかりですね。

億は、稼いでいるんじゃないでしょうか。

 

成功者、近藤太香巳さんの名言も気になります。

スポンサードリンク


名言集

 

誰にでもできる簡単な仕事、人生を変える価値ある仕事がここにある、給料40万以上可能

近藤太香巳さん自身も、このコピーに惹かれて、

ホームテレホンの訪問販売員になったそうです。

 

社内恋愛禁止という会社もありますが、僕は社内恋愛を否定しない。同じ志や価値観を持つ者同士がひかれあうのは自然であり幸せなことだと思うからです。

近藤太香巳さんの会社は、開放的で自由な社風なんだと思います。

社員もやる気になるはずですね。

ファッション通販ZOZOTOWNも、社内恋愛OKの会社です。

今は、会社の価値観も変わってきているんですね。

 

夢は逃げない。逃げるのはいつも自分。この気持ちを忘れずに頑張ってほしいですね。感動できる人にしか人は感動させられない。心が貧乏なことが一番不幸なこと。

逃げるのはいつも自分!

思い当たるところがあります。

いくらお金を持っていても、心が貧しいんじゃ意味が無い・・・

心が豊かならば、お金も寄ってくるよ!と言うことでしょうね。

成功者にしかわからない、ゾーンですね^^

 

成功したらこんな車に乗れるとか、こんな生活ができるということより、つらいことや苦しいことはたくさんあるけどこんな喜びがある、こんな感動があるということを僕はみんなに伝えたい。お金だけがメインになってしまったら、途中で挫折しちゃいますよね。

これも、金・金・金と金の亡者になっちゃダメと言うことなんですね。

 

近藤太香巳さんの名言、心に響きますね。

成功者には、光と影があるそうです。

メディアで取り上げるのは「光」の部分ばかりなので、

成功者の苦労などが見えなくなっていますが、

実は、「影」もけっこうあるそうです。

 

仕事は、順調で成功していても、

家庭が崩壊しているとかも・・・

 

今回の、「DV不倫」のニュースは、

近藤太香巳さんの影の部分なのかもですね。

 

もし、このニュースが本当ならば、

近藤太香巳さんは、反省しなければなりませんよね。

 

成功している方なので、

これを懺悔して、更に飛躍する近藤太香巳さんを見てみたいですね。

スポンサードリンク


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る