元日本一まずいラーメン屋店主、原憲彦の死因は?閉店理由は?

haranorihiko

日本一まずいラーメン屋『彦龍』の店主の原憲彦さんが、

お亡くなりになったと言うニュースが流れました。

原憲彦さんは、68歳だったんですね。

『彦龍』を閉店していたようで、

閉店理由やお亡くなりになった原因も気になったので、

調べてみました。

スポンサードリンク


原 憲彦(はら のりひこ)さんのプロフィールです!

 

プロフィール

1989年に開店した、『彦龍』は、21年間愛され続けたラーメン店でした。

原憲彦(はらのりひこ)さんは、テレビでも、

『ダウンタウンのごっつええ感じ』などに出演していました。

元日本一まずいラーメン屋として、

全国にその名を不動のものにしました。

 

死去原因は?

原憲彦さんのお亡くなりになった原因を調べましたが、

今のところ、情報がありませんでした。

原憲彦さんは、ヘビースモーカーだったそうで、

肺炎では!?と言う噂もあります。

 

 

閉店理由は?

日本一まずいと言う、

キャッチコピーで、全国的に有名になった『彦龍』は、

2010年1月31日で閉店しています。

原憲彦さんは、ラーメン屋をやりながら、

本を出したり、ブログなどで悩み相談をしたりと、

いろんな活動をやっていました。

 

吉野家は、牛丼一筋80年の言葉でアピールしていましたが、

『彦龍』は、まずさ一筋20年で勝負!

21年も続くんですから、

まずくは無かったのでしょうね。

ファンもかなりいたようです。

そのファンに惜しまれながら、閉店することになったのには、

理由がありました。

『彦龍』の店主、原憲彦さんは、体調が思わしくなかったようです。

『彦龍』を閉店して、その店を売却してしまったそうです。

原憲彦さんは、『彦龍』のあった場所の近くに賃貸でアパートを借りていたそうです。

六畳一間で風呂無しだったそうです。

 

原憲彦さんのご冥福をお祈りします。

スポンサードリンク


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る