茜沢ユメルの年齢や本名について!陽光桜に対する思いは?

akanezawayumeru

茜沢ユメルさんが『陽光桜』の由来を、

綴った曲を発表しました。

東京FMで放送の『ユメルのモナリザラウンジ』で、

NPO法人理事の跡部浩一さんとの対談が話題になっています。

 

茜沢ユメルさんについて、

年齢や本名、そして陽光桜のエピソードも

合わせて、調べてみました。

スポンサードリンク


 

茜沢ユメルさんのプロフィールは、こちらです!

 

プロフィール

 

akanezawayumeru001

 

名前:茜沢 ユメル(あかねざわ ゆめる)

出身地:香川県高松市

生年月日:9月8日

血液型:O型

小さいとき、茜沢ユメルさんは、

人前に出るのが苦手だったそうです。

 

それが理由なのかはわかりませんが、

不安や欲求不満などのストレスが原因で発症する

心因症(しんいんしょう)になってしまったそうです。

 

茜沢ユメルさんは、歌を歌うことで、

自分自身を表現しているんだそうです。

 

茜沢ユメルさんが、初めて曲を作ったのは、

中学1年生のときでした。

 

茜沢ユメルさんの周りにいた大人のことが、

信じられなくなってしまったそうです。

 

孤独になってしまい、

悩み、苦しみ・・・

孤独から脱出したい・・・

茜沢ユメルさん自身を勇気づけるために、

曲を作ったそうです。

 

スポンサードリンク


 

年齢は?

茜沢ユメルさんの年齢についての情報は、

ありませんでした。

 

9月8日生まれの乙女座!

 

30代半ばから30代後半くらいでしょうか・・・

 

本名は?

本名についても情報がありませんでした。

茜沢ユメルさんは、本名じゃなくてアーティスト名だと思います。

茜沢ユメルさんは、ある名前に関する相談にこんな風にアドバイスしています。

私は個性があっていいのではないかと思っています。いまは個性が勝負の時代ですから、ほかの人と同じような名前だと埋もれてしまうかもしれません。
出典:http://www.zakzak.co.jp/zakjyo/watcher/news/20150711/wat1507112010007-n1.htm

 

このときに、

「ユメル」という珍しい名前で活動している、シンガーソングライターの茜沢ユメルさんに聞いた。

と紹介されています。

 

「ユメル」が、本名ならば珍しい名前で活動とは、言わないような気がします。

 

陽光桜への思いは?

茜沢ユメルさんが『陽光桜』の願いを、

将来に伝えるために作った曲が

『Stay~さくらの花のように』

です。

 

 

陽光桜は、

戦時中、愛媛県にあった青年学校の教師をしていた

高岡正明さんが開発した桜の品種です。

 

高岡正明さんは、戦場へ送り出してしまった生徒たちへの後悔の思いを桜に託したそうです。

 

死地に向かう教え子たちにお国のために戦ってこい。またこの桜の木の下で会おう

わしが死なせた

 

高岡正明さんは、自身の財産を使って、

戦場で命を落とした生徒たちを供養するために、

暑さ寒さに強い桜を25年以上もかけて作ったそうです。

 

akanezawayumeru002

陽光桜です。

かわいい花ですね。

 

そして、暑さ寒さに強い『陽光桜』は、

日本各地だけじゃなく世界各国に咲いていて、

世界中の人々の心を照らし続けています。

 

茜沢ユメルさんは、この高岡正明さんの思いを、

後世に伝えるために、

「陽光桜の物語」プロジェクトを行い、

平和と命の大切さを歌い続けています。
茜沢ユメルさんの優しくて癒される歌声に、

筆者も魅了されてしまいました。

 

茜沢ユメルさんのこれからの歌も、楽しみです!

スポンサードリンク


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る