キムラ緑子の演技が上手いと話題に!結婚は?在日ってホント!?

kimuramidoriko

キムラ緑子さんが、2015年11月24日(火)に放送される
チマタの噺(はなし)に出演されます。
キムラ緑子さんは、演技が上手いと話題になっています。
上手く演じるためには秘訣があるそうです。

結婚や在日なんてワードもネットにあるので、
合わせて調べてみました。

スポンサードリンク


キムラ緑子さんのプロフィールをチェック!

 

キムラ緑子さんのプロフィール

 

kimuramidoriko001
名前:キムラ 緑子(きむら みどりこ)
生年月日:1961年10月15日
出身地:兵庫県洲本市大野
高校:兵庫県立洲本高校
大学:同志社女子大学学芸学部英文学科
血液型:O型
所属事務所:シス・カンパニー

本名は?

木村 緑子(きむら みどりこ)さんです。

キムラ緑子さんの両親の好きな言葉が『緑』だったので、

緑を入れて、緑子と名付けられたそうです。

緑に囲まれた自然は、癒されます。

良い名前ですね。

 

芸名では、なんで苗字をカタカナにしたのか?

疑問に思ったので、調べてみました。

 

カタカナの理由は?

芸名を付けるときに、姓名判断をして、

苗字を『キムラ』とした方が良いと言う結果が出たそうです。

 

カタカナにすると、

インパクトもありますね。

ビートたけしさんとか、所ジョージさんとか・・・

 

キムラ緑子さんの演技が上手い!

NHK朝の連続ドラマ小説『ごちそうさん』で、

西門和枝役を演じるキムラ緑子さんの演技が

ハマりすぎていると話題になっています。

 

kimuramidoriko002ド迫力!

 

嵐にしやがれに出演したときに、

キムラ緑子さんは、嫌われ役のポイントを次のように言ってました。

 

キムラ緑子が教える嫌われ役の極意

  1. 口でいびるな!目でいびりなさい!
  2. 相手に本気で嫌われなさい!
  3. 自分の魅力を殺しなさい!

リアルに演じるには、自分自身が上手く演じるだけじゃダメなんですね。

相手の感情が動くくらいに本気で演じる必要があるんですね。

 

スポンサードリンク


 

結婚・離婚・結婚

キムラ緑子さんは、演劇には全然興味なかったそうです。

でも、同志社女子大学に入学して知り合った女性が、

演劇大好き女子だったらしく、

同志社女子大学の姉妹校である同志社大学

演劇部の第三劇場に入部することになったそうです。

 

つかこうへいさんの作品を芝居していた

マキノノゾミ(後の旦那)さんに出会うことになります。

 

キムラ緑子さんは、大学卒業後、故郷に帰りますが、

つかこうへいさんに影響を受け、再び東京に戻ることになります。

kimuramidoriko003_tukakouheiつかこうへいさん

 

そして、マキノノゾミさんが旗揚げした

劇団M.O.P.に参加することになりました。

 

その後、マキノノゾミさんと結婚することに。

kimuramidoriko003_makinonozomiマキノノゾミさん

 

キムラ緑子さんは、つかこうへいさんの作品に

影響を受けたそうですが、

つかこうへいさんの作品を演じていたマキノノゾミさんのことも

気になる存在だったのかもしれませんね。

 

でも、2005年に離婚することになります。

 

 

キムラ緑子さんは、劇団M.O.P.に所属しているときに、

周りの人からネチネチと影口を言われていたそうです。
「旦那さんが演出家だから仕事が多くもらえるのよ」

 

キムラ緑子さんは、

旦那の力じゃなくて、私自身の力よ!

と言うことを、証明するために、

旦那のマキノノゾミさんに、

離婚を持ちかけます。

 

愛する人より女優を選んだのです。

キムラ緑子さんの、女優魂が熱いですね!

 

これを受け、

旦那のマキノノゾミさんは、

話し合いをした結果、

キムラ緑子さんの本気の気持ちを感じ取り、

『毎日、連絡を取り合うこと』を条件に、

離婚を受け入れたそうです。

 

お互いの気持ちが、すれ違ったわけじゃないのに・・・

 

そして、劇団M.O.P.が解散した2010年に、

二人は、復縁することになりました。

 

キムラ緑子さんとマキノノゾミさん、

凄すぎます。

 

お互いがプロ故に、分かり会えたのでしょうね。

 

在日韓国人

『キムラ緑子さんは、在日韓国人では!?』と言う噂があるようです。

 

調べてみたんですが、

キムラ緑子さんは、日本人です。

 

どうやら、2005年1月22日に公開された

『パッチギ!』の役どころがピッタリとハマってしまったようです。

 

キムラ緑子さんは、『パッチギ!』で、

主人公のキョンジとアンソンのオモニ(母親)役を演じました。

このオモニが在日韓国人と言う設定だったそうです。

 

在日韓国人と思われてしまうほどのリアルな演技をしてしまうところが、

The女優のキムラ緑子さんの偉大なところですね。

 

どんな感動を与えてくれるのでしょうか。

今後のキムラ緑子さんの演技が楽しみです!

スポンサードリンク


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る