三上真奈が西野カナの歌で批判殺到!パンチラが話題に!

mikamimana

三上真奈さんは、ミカパンのニックネームで活躍するフジテレビアナウンサー。

三上真奈さんの歌が批判の的になっているようです。

ちょっと、気になったので、西野カナさんとの関係やパンチラについて、

調べてみました。

スポンサードリンク


三上真奈さんのプロフィールをチェック!

 

三上真奈さんのプロフィール

mikamimana002

 

名前:三上 真奈(みかみ まな)
出身地:東京都中央区
生年月日:1989年4月7日
身長:157cm
血液型:O型
大学:早稲田大学商学部
所属局:フジテレビジョン
ニックネーム:ミカパン

 

 

 

フジテレビの女子アナ○○パンの8代目

ミカパンを襲名した、三上真奈さんの経歴もチェック!

 

 

経歴

父親の仕事の事情で、2歳から12歳まで台湾・上海・香港で生活していました。

中国語は、ペラペラだそうです。

日本に戻って、高校は国際基督教大学高校に入学。

高校在学中に、交換留学生として、

アメリカ合衆国のネブラスカ州で生活。

 

2009年に、第28代の中央区観光大使に選ばれました。

mikamimana002_tyuuoutaishi左に写っているのが、三上真奈さんです!

 

 

このとき、関口宏さんが代表をしている芸能事務所の三桂に所属していました。

そして、フリーアナウンサーとして活動していました。

 

 

早稲田大学商学部を卒業後、フジテレビに入社することになります。

 

三上真奈さんはコネ?

三上真奈さんはネット上で、コネ入社!?

と言う噂もあるようです。

 

 

フジテレビアナウンサーは、コネが多いなんてことも話題になっていますね。

フジテレビの女子アナには、必ず『コネ入社』と言う話題になるのは、

避けられないことなのかもしれません。

 

 

そして、三上真奈さんがコネ入社では!?と話題になったのは、

フジテレビ入社前に、芸能事務所の三桂に所属していたことも関係しているんじゃないでしょうか。

 

三桂の代表を務める関口宏さんの推薦で、

フジテレビに入社したのでは!?

 

 

アナウンサーとしての実力をアピールして、

コネ入社の疑いをぬぐい去るしか無いのかもしれません。

スポンサードリンク


三上真奈さんが西野カナさんの歌を歌う

三上真奈さんが西野カナさんの曲『もしも運命の人がいるのなら』を紹介したときに、

サビの部分を歌ったのがきっかけのようです。

あまりの音痴っぷりに加え、他のアナウンサーやスタッフのウケがいいのに味をしめたのか、同曲を紹介するたびに、ふざけたようにノリノリで歌ったのだ。

出典:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150807-00010000-otapolz-ent

 

西野カナさんのファンからは、

音痴! 歌うな!
カナちゃんに謝ってよ!
もともと音痴なうえに、笑わそうとして、わざとおちゃらけて歌ってるところが腹立つ
通勤前に、あんな不快なもの聴きたくない

など・・・

批判が殺到してしまいました。

 

アナウンサーの仕事は、事実を伝えることだと思います。

許せる範囲の音痴ならば、これほどまでに批判はされなかったのでは。

 

他のアナウンサーやスタッフにウケたからと言って、

西野カナさんの歌声とはかけ離れた、

音痴紹介はやっちゃいけないことですね。

 

お笑い芸人だったら、許されたかもしれませんが・・・

 

せめて、飲み会ネタに留めておけば良かったんじゃないでしょうか。

 

三上真奈さんのパンチラ

三上真奈さんのパンチラは、『日本のダイモンダイ』放送中に披露されたようです。

しかも、生放送です!

前東京都知事の猪瀬直樹氏に東京オリンピック問題を直撃する場面。三上アナはミニスカでソファーに座ったところ、ミニスカの奥の奥まで見えてしまったのだ。

出典:http://wjn.jp/article/detail/5284671/

 

『27時間テレビ』で、『私、やればできる子なんです』とアピールしたそうです。

 

女子アナも競争が激しくて、いかにして生き残るかを考えなければならないのでしょう。

 

個性を出すことは、大切だと思います。

 

パンチラも注目を集めるためと言われています。

mikamimana001

 

三上真奈さんは、かわいいしスタイルも良いですね。

 

 

でも、アナウンサーとしての実力を見せて、

三上真奈さん自身をアピールしてもらいたいですね。

 

三上真奈さんの活躍に注目したいと思います。

スポンサードリンク


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る