エクセルで文字数をカウントする関数は?

excel_mojikaunto

文字数をカウントしたいときありませんか?

筆者は、エクセル始めた頃、カーソルを画面の文字一つ一つに合わせて、

マウスを動かしながら、1、2、3・・・と数えていました。

一つ二つのセルに入っている文字数をカウントするんなら、

苦になりませんが、それが、たくさんのセルだったら心が折れてしまいます。

関数を使えば、簡単に文字数をカウントすることが出来ます。

スポンサードリンク


エクセルを使って文字数をカウントしてくれる関数

LEN関数を使います。

セルには、次のように入れます。

=LEN()

 

セルA列の文字数をカウントして、セルB列に結果を表示するようにします。

セルB1に=LEN(A1)と入力します。
excel_mojikaunto001

 

セルB1をコピーして、セルB2からセルB10に貼り付けします。

※例として、とりあえずセルB2からセルB10に貼り付けしています。

excel_mojikaunto002

 

試しに、セルA列に文字を入力してみましょう。

セルA1に「おはようございます」と入力すると、

セルB1に文字数が「9」と表示されました。

 

文字数はカウントされましたが、

なんだかセルA1の内容が全部表示されていないのですっきりしません。

 

こんなときは、セルAとセルBの境目(赤で縦線を入れたところ)をダブルクリックすると、

セルAに入っている文字がすべて表示される幅に自動調整してくれます。

excel_mojikaunto003

 

セルAに入力されている文字(おはようございます)が見れるようになりました。

excel_mojikaunto004

スポンサードリンク


 

ちょっと話しがそれてしまいましたが、

セルA2~セルA7に文字を入力してみましょう。

A1 おはようございます 全角ひらがな
A2 オハヨウゴザイマス 全角カタカナ
A3 オハヨウゴザイマス 半角カタカナ
A4 OHAYOUGOZAIMASU 全角大文字
A5 OHAYOUGOZAIMASU 半角大文字
A6 ohayougozaimasu 全角小文字
A7 ohayougozaimasu 半角小文字

 

 

セルB列に、カウントされた文字数が表示されたと思います。

excel_mojikaunto005

 

全角ひらがなと全角カタカナは「9文字」で同じですが、

半角カタカナは「11文字」になりました。

 

何で?

これは、全角文字は1バイト文字を2つ使って表示する2バイト文字で、

半角文字は1バイト文字を使って表示しているからなんです。

半角カタカナのゴとザの濁点「゙」も1文字としてカウントされるために「11文字」とカウントされるんです。

 

ohayougozaimasuは、

英文字で濁点などは無いので全角、半角どちらも同じ文字数としてカウントされます。

 

 

ちなみに、全角(2バイト)文字を2文字としてカウントする関数もあります。

LENB関数です。

=LENB()

 

セルC列にLENB関数を入れてみましょう。

 

英文字でも全角入力すると、2倍の文字数になっていますね。

半角カタカナは、「11文字」で同じですね。

excel_mojikaunto006

 

エクセルって、便利ですよね。

事務処理の効率アップに、エクセルの関数は欠かせません。

 

ぜひ、エクセルで文字数をカウントする関数を使ってくださいね。

スポンサードリンク


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る