中園ミホ、脚本家になる前は広告代理店で働いていた!

nakazonomiho

中園ミホさんは、数々の大ヒットドラマを生み出しているスーパー脚本家です。

 

最近では、Doctor-X 外科医・大門未知子がそうです。

私、失敗しないので・・・のセリフが耳に残っています。

 

中園ミホさんは、大学卒業してから広告代理店に務めたそうです。

中園ミホさんについて、調べてみました。

スポンサードリンク


中園ミホさんの目次

スポンサードリンク


中園ミホさんと脚本家と広告代理店

まずは、中園ミホさんのプロフィールです。

 

中園ミホさんのプロフィール

本名:中園美保(なかぞの みほ)
生年月日:1959年7月16日
出身地:東京都中野区
出身大学:日本大学芸術学部

 

中園ミホさんは、大学を卒業して広告代理店に就職しました。

 

同じ広告代理店の同僚がシナリオ講座を受講しようと申し込みをしていました。

その同僚がシナリオ講座に行くことができずに、代役で中園ミホさんが受講してノートをとっていたそうです。

 

その1年3ヶ月後、中園ミホさんは広告代理店を退職。

占い師に弟子入りします。

 

中園ミホさんは、中学生のときに四柱推命(しちゅうすいめい)を勉強していたおかげもあって、占い師に中園ミホさんの四柱推命の腕前を認められたそうです。

 

 

中園ミホさんは、国や会社を動かす有名な著名人などを占うことで、人間の表面で見せる立派な顔より裏側のほころびの方がチャーミングということに気づいたそうです。

 

 

このときに培った人間の見方が脚本家としての糧となっていると言っています。

 

 

中園ミホさんの本名は、中園美保だそうです。

最初は、中園美保で活動をしていたのですが、占い師のときに学んだ良い画数を考え、中園ミホに改名したそうです。

スポンサードリンク


 

中園ミホさんが脚本家になった理由

中園ミホさんといえば、高視聴率を叩き出すスーパー脚本家ですが、ここまでの道のりはかなり険しかったようです。

 

中園ミホさんは、小学生のときに父親を亡くして、大学生のときには母親を亡くしたそうです。

34歳のときに、未婚の母親になりました。

 

 

中園ミホさんは、このときに、悩んだ末に、家で仕事をすることを決心しました。

 

家で仕事ができる職業として脚本家を選びました!

 

中園ミホさんはなぜ高視聴率ドラマを生み出せるのか?

中園ミホさんは、占い師を経験することで人間の見方を学びました。

 

取材力の中園ミホと言われるほど、世の中をリサーチする力を持っていました。

 

 

さらに、中園ミホさんは、未婚の母親として長男を出産するという経験をありのままに脚本として再現しています。

 

中園ミホさん自身の経験をドラマにしたのが、1995年に放送された月9ドラマFor Youです。

 

 

中山美穂さんが主演しました。

中園ミホさんと名前が同じですね。

 

中園ミホさんの高視聴率を生み出す理由は、

  • 人間の見方がわかる
  • 鋭くて・正確なリサーチ力がある
  • 中園ミホさん自身の経験をありのまま表現している

人の気持ちがわかるので、わかろうとしているので、人は中園ミホさんの脚本に感動するのですね。

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る