クエン酸を豊富に含む食べ物は?サプリはあるの?

kuensan0

クエン酸を豊富に含んでいる食べ物といえば、何をイメージしますか?

たぶん、すっぱい食べ物を思い浮かべるのではないでしょうか?

 

クエン酸は、酸味成分でできていて、主に柑橘(かんきつ)類に多く含まれているようです。

クエン酸について、調べてみました。

スポンサードリンク


クエン酸の目次

スポンサードリンク


クエン酸を豊富に含む食べ物について

クエン酸を豊富に含む食べ物には、こんなものがあります。

 

  • 梅干し
  • お酢
  • レモン
  • グレープフルーツ
  • いちご
  • パイナップル
  • キウイ
  • メロン
  • みかん
  • ローズヒップ
  • ハイビスカス
  • アセロラ

 

すっぱいをイメージできる食べ物はもちろんのこと、

えっ、そうなの・・・と思う食べ物にもクエン酸は含まれているんですね。

 

クエン酸の摂り方としては、

果物類ならば、1個(いちごなどの小さいものは5個~6個)
梅干ならば、2個~3個

が目安です。

 

クエン酸は、熱に強いので果物類をジャムにしたり、焼き菓子の中に入れたりと熱加工して食べることができます。

 

梅干、お酢は料理の味付けのお供に使うと、より良い味になります。

 

ローズヒップ、ハイビスカスはティータイムのお供になります。

 

このように、クエン酸の摂り方はいろいろあります。

無理なく食べることのできる栄養素ですね。

 

では、クエン酸はどのような役目をしているのでしょうか?

スポンサードリンク


 

クエン酸の効能について

クエン酸は、食べたものを体の中でエネルギーに変えてくれるすごく大切な成分です。

 

そして、この食べたものを体の中でエネルギーに変えてくれるシステムをクエン酸回路といいます。

 

クエン酸回路は、細胞内構造物の一つであるミトコンドリアと協力して、私たち人間・動物が生きて行くために必要なエネルギーを作ってくれます。

kuensan
出典:http://www.dna.orino.net/Cell_Structure/

 

クエン酸回路は、たんぱく質・糖質・脂質の代謝経路としての役目を担当しています。

 

また、疲れたときに溜まる乳酸を分解してくれて、疲労や筋肉痛を回復させてくれます。

クエン酸の酸味成分(すっぱい効果)のおかげで、食欲を活発にしてくれる効果もあります。

 

さらに、クエン酸は、栄養素の効果だけでなく、

加工食品に含まれている酸化防止剤の中和効果などもあります。

 

 

クエン酸のサプリについて

クエン酸を含む食べ物は、日頃良く食べるものに入っていることがわかります。
梅干・くだもの・お酢・・・

天然のクエン酸です。

 

最近は、加工したクエン酸も見かけるようになりました。

 

クエン酸のサプリです!

 

クエン酸のサプリは、デンプンを使って造られています。

この加工したクエン酸サプリは、製造技術の発達で、
安く・たくさん造ることに成功しました。

 

以前に、天然レモンを搾って造っていたクエン酸に比べると、かなり安く手に入れることができるようになりました。

 

天然のクエン酸とサプリ(人工的)のクエン酸ともに、私たちの体での効果は同じです。

 

一つ違うのは、天然のクエン酸には、クエン酸効果とミネラル・ビタミンなどの成分も入っているところです。

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る