乳酸菌を飲みながら便秘薬を併用して大丈夫!?

乳酸菌を飲みながら便秘薬を併用して大丈夫!?

毎朝、トイレにしゃがんで、にょろ~っと便が出ると、スッキリしますよね。

でも、便が出ないと一日の始まりで憂鬱な気持ちになってしまいます。

便秘は、美容に良くないと言います。

便秘になると、肌が荒れて、お化粧ののりも良くありません。

身体がむくんだ状態になって、おなかの下あたりがポッコリとしてしまうこともあります。

便秘の原因には、腸内の細菌のバランスが崩れたり、ストレスを感じることがあるようです。

腸内環境を整えるために乳酸菌を飲み始めたという方も多いのではないでしょうか!

乳酸菌を飲んで、すぐに便秘が治れば良いのですが、そうもいかないのが現実です。

乳酸菌を飲むことは、腸内環境を整えるために続けた方が絶対に良いです。

でも、便が出ないんだよな~というときは、どうすれば良いのか!?

便秘解消には、やっぱり便秘薬を飲まなきゃならないのか・・・

 

便秘薬の併用はしても良いけど・・・

乳酸菌を飲み始めたんだけど、便秘が解消されないときは、便秘薬を併用することで、便を身体の外に出すことは効果的です。

でも、便が出ないから便秘薬を飲むような、日常的な使い方は、やらない方が良いでしょう!

便秘薬を使うことで、腸内にいる良い・悪いすべての菌を身体の外に出してしまうことになるからです。

良い菌がいなくなった腸内は、免疫力が無くなってします。

その結果、病気にかかりやすくなってしまうという最悪の事態に。

 

便秘を解消するには・・・

乳酸菌を飲み続けて、腸内細菌のバランスを整えること!

そして、ストレスを感じないような生活を送ることを心がけましょう。

といっても、ストレスフリーなんて絶対に無理ですよね。

じゃー、どうすれば良いのか!?

お水で便秘が改善されるんです。

お水にもいろいろありますが、便秘には超硬水が良いんです。

超硬水には、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルがたくさん含まれていて、腸の働きを活発にしてくれるんです。

硬度が1,000mg/L以上がおすすめです。



最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る