IT眼症をサプリで予防!ブルーライトから眼を守る

IT眼症をサプリで予防!ブルーライトから眼を守る

昨年(2017年)の文部科学省の統計で、視力1.0未満の小中学生が過去最多になったそうです。

視力低下の原因は、IT機器を長時間使うことが挙げられています。

そして、IT機器から放たれる光「ブルーライト」も原因になっています。

ほぼ、一人に一台といっても良いほどスマホが普及しています。

時間があると、スマホを見ているほどですね。

 

子供の視力低下を受けて、大手メガネショップのJINSでは、子供用メガネの売上が好調のようです。

メガネは、出来ればファッションでかけたいですよね。

 

IT眼症の読み方は、「あい・てぃ・がんしょう」。

IT眼症について、いろいろ調べてみました。

 



 

IT眼症の予防と対策について

日本眼科医会は、次のように予防と対策をアドバイスしています。

  • 長時間のIT機器の使用を避ける。最長でも1時間以内。
  • IT機器は50cm以上離れても、良く見えるものにする。
  • IT機器から50cm以上離れて、電磁波の影響をなくす。
  • はじめからIT機器を見せない、買わない。あっても故障中とする。
  • 親が他のものに興味をもたせる。
  • 親が子どもと積極的に話をする。
  • 目の異常が無いか、一度は眼科医の精密検査を受ける。

 
※引用元

 

IT機器の使用は、「1時間以内」。

IT機器を「50cm以上離す」。

 

ゲームは、もうやめなさい!って親によく言われますよね。

 

でも・・・

「はじめからIT機器を見せない、買わない」は、ちょっと難しいのかなって思ってしまいます。

 

時代が、IT機器を手段として使っているんですものね。

塾の勉強もタブレットやスマホでやるみたいですから・・・

 

勉強以外でのタブレットやスマホの使用は禁止にすれば、IT機器を見る時間も短縮出来ますが・・・

そうも行かない時代です!

 

フィルムやメガネを使って、IT機器が放つブルーライトをカットすることが対策の一つになっています。

 

今、眼を守るサプリもあるようです。



 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る