エクセルでプルダウンを設定する方法

エクセルでプルダウンを設定する方法

エクセルで同じようなデータ入力をしていて思うことは・・・
例えば、月曜日から金曜日と入力する欄があるとします。

入力してもそれほど、面倒じゃない文字数ですが、選択出来たら、もっと楽かな~と思ってしまいます。

さらに、ちょっと、市販のソフトっぽくなったような気がして、ワクワクしたりもします。

今回は、エクセルでプルダウンを設定する方法について、綴ってみました。

ちなみに、プルダウンの正式名称は、ドロップダウンだそうです。

知らなかった~汗

では、行ってみましょう!

 

スポンサードリンク


 

今回は、セルに曜日を入力する表をつくりたいと思います。

こんな感じです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

A列に、曜日(月曜日から金曜日)を入力する表をつくります。

 

プルダウン設定手順

エクセルを起動します。

 

セルA2からセルA11をドラックして範囲指定します。

 

上に、ファイル,ホーム,挿入,ページレイアウト,数式,データ,校閲,表示,アドインと表示されている中のデータをクリックします。

 

いろんなボタンが並んでいますが、プルダウンの設定では、その中のデータツールを使います。

 

データツール部分を拡大します。

 

データの入力規則をクリックします。

データの入力規則(V)をクリックします。

 

データの入力規則の設定タブをクリックします。

 

入力値の種類(A)のすべての値と表示されている右の下矢印▼をクリックします。

すると、プルダウンが出現!

これが、つくりたいんですよね。

この中のリストをクリックします。

 

 

元の値(S)が出現します。

赤く囲った箇所に、プルダウンに表示したい文字(データ)を入力します。

月曜日,火曜日,水曜日,木曜日,金曜日

※カンマ(.)は、半角です

 

OKをクリックします。

 

入力したいセルをクリックすると、下矢印▼が出現します。

下矢印▼をクリックすると、感動の瞬間が・・・

 

月曜日から金曜日のプルダウンメニューが出てきましたね^^

試しに、一番上の月曜日をクリックしてみます。

 

パッパパー

月曜日が表示されました。

 

スポンサードリンク


 

 

元の値をデータベースに!

 

プルダウン表以外のエクセルシートに月曜日から金曜日を入力します。

 

先ほどの元の値(S)の右にあるマーク(赤く囲ったところ)をクリックして、月曜日から金曜日のセルをドラックで選択してOKをクリックします。

 

 

スポンサードリンク


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る