経済という言葉の由来は何?意味はどうゆうことなの?

経済は、ニュースで良く聞く言葉だな。
経済は、大学などで専門に勉強した人だけに関係すること。

すごく難しくて、自分には関係ないことだと思っていました。

でも、知らないから難しいという今を少し変えたいと思いました。

経済について、自分なりに調べてみました。

スポンサードリンク


経済についての目次

スポンサードリンク


経済という言葉の由来について

経済という言葉は、明治維新後に日本に入ってきたそうです。

そのときは、英語のeconomy(エコノミー)という単語でした。
このeconomyの意味を辞書で調べると、経済・理財・節約と説明されています。

economyという単語をどうゆう日本語にしようか?と悩んだそうです。

いろいろ悩んだところ、中国の古典に参考になる言葉があったので、その言葉を使うことになりました。

経世済民(けいせいさいみん)

意味は、『世を経(おさ)め、民を済(すく)う』という意味です。

 

そして、経世済民のをとって、経済と言うようになりました。

 

economyを、もう一つの言葉にも訳しました。

理財です。

 

理(ことわり)は、物事の筋道とか理由。

財は、財産。

 

財産の筋道、ものやお金の動き(流れ)方を見るという意味にも訳されました。

理財という言葉は、あまり聞きませんが、意味は理財の方がピンときます。

 

経済という言葉の意味について

経済は、大学で勉強するもの、政治家や企業の社長が関わる言葉だと思っていました。

 

でも、実際は、自分が毎日関わっていることだったんです。

ものを買うときに、どれを買おうか悩むことも経済。

仕事に行くこと、遊びに行くことも経済。

 

私たちが無意識に関わっている経済を科学的に調べたり試したりする学問を経済学というそうです。

 

経済の意味は、資源の最適配分を考えることなんだそうです。

 

私たちの生活が豊かになるためには、資源をどのように配分すれば(使えば)良いのか!?

 

 

先日、安倍首相が新3本の矢を発表しましてた。

  • 希望を生み出す強い経済
  • 夢をつむぐ子育て支援
  • 安心につながる社会保障

安倍首相は、希望を生み出す強い資源の最適配分と言い換えることができます。

経済というよりも、資源の最適配分と聞いた方がちょっとわかりやすくなりますが・・・

まだ、ピンときません。

 

安倍首相は、GDP600兆円を目標にしました。

GDPは、経済成長率を見るための指標のようです。

GDPは、ross omestic roductのそれぞれの単語の頭文字をとったものです。

 

阿倍首相がおっしゃっていることが、わかるように経済について勉強しなければ・・・

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る