スカルプドライヤー(ヤーマン)は効果なし!?使った感想まとめ!

ヤーマンのスカルプドライヤーを購入して1年以上経ちます。

最近、スカルプドライヤーの使い方がわかり、それに伴って、「良いな、これ!」と、実感した次第であります^^

まさに、カラオケ一番を使って、小林旭さんが「良いな、これ!」って言ってた気持ちがわかりました。

今さらながら、スカルプドライヤーの感想や効果をレポートしたいと思います。

 

スカルプドライヤーとの出会い

スカルプドライヤーには、頭をマッサージするときに使うスカルプヘッドが付属されています。

 

私がスカルプドライヤーを体験したのは美容室でした。

このスカルプヘッドがまるで指圧されているかのようで、かなり気持良かったんです^^

 

ドライヤーの先端にスカルプブラシが付いていて、ガガガガガ~、ブルブルブル~と頭皮をマッサージしてくれるんです。

さらに、温風が出ているから髪の毛も乾いていくんです。

 

へぇ~、こんなドライヤーあるんだ!

新しもの好きの私は、スカルプドライヤーに興味津々でした。

 

家に帰り早速、買ってしまいました!



 

スカルプドライヤーが届いて、一週間くらいは毎日欠かさず使っていましたが・・・

徐々にスカルプドライヤーを使う機会が少なくなってきました

 

その理由は、2つありました。

スカルプドライヤーの風が弱くて乾きづらかった

スカルプヘッドの指圧感が美容室ほどじゃなかった

 

美容室でのあの感動再現することが出来なかったのです・・・

 

最近、抜け毛が気になる

シャンプーしてタオルで髪の毛の水分をふき取るときに、恐ろしい光景が・・・

タオルについている髪の毛が、以前より多くなったような・・・

 

今までは、全く気にしていなかったのに、タオルドライするたびにタオルに髪の毛がどのくらいついているか確認するようになってしまったのです。

 

えっ!こんなに抜けてる・・・

今まで、あまり抜け毛のことは気になんなかったんですが、さすがに、不安になってしまったのです。

 

ネットで、育毛剤を見ることも・・・

リアップ、ポリピュア、チャップアップが良く検索されているようです。

試してみようかな!?

と思ったこともありました。

 

スカルプドライヤーの使い方を知った瞬間

でも、ある日・・・

完全オブジェ化していた、スカルプドライヤーの存在に気付きました!

 

すると、ある発見をしたのです。

 

スカルプドライヤーには、この3つのスカルプヘッドが付属されていたのです。

 

今さらかよ!

自分で突っ込んでしまいました。

 

私は、真ん中のヘッドしか使っていなかったのです。

↓ ↓ ↓ これです ↓ ↓ ↓

 

スカルプドライヤーには、普通のドライヤーと同じヘッドも入っていたのです。

↓ ↓ ↓ これです ↓ ↓ ↓

 

このヘッドに変えて、スカルプドライヤーを使ってみました。

すると、髪の毛が乾く乾く!

 

ある程度、髪の毛が乾いたタイミングで、頭皮マッサージ用のスカルプヘッドに交換。

 

で・・・

買ったときは、スカルプヘッドを頭皮に当てて、スカルプドライヤーのブルブル~だけでマッサージしていました。

 

でも、スカルプドライヤーのヘッドを頭皮に当てて、ドライヤー本体を動かすとスカルプヘッドが頭皮を刺激してくれて、さらに気持ち良くなったのです。

まさに、美容室で体験したあの快感でした・・・

 

今さらか!

衝動買いは、恐ろしいと思ってしまいました^^

 

スカルプドライヤーを使わなくなった2つの理由が解決しました。

スカルプドライヤーの風が弱くて乾きづらかった

スカルプヘッドの指圧感が美容室ほどじゃなかった

 

そして、毎日スカルプドライヤーで髪の毛を乾かしマッサージするようになりました。

 

スカルプドライヤーの効果を実感

そして、スゴい変化が実感出来たんです!

 

ドライタオルのときの抜け毛がほとんど無くなったんです。

 

これには、ビックリしました。

 

スカルプドライヤーのブルブルは、頭皮を柔らかくする効果があるんです。

このブルブルは、美容音波振動と呼ばれていて、毎分約3,700回も刺激を与えてくれるんです。

 

スカルプドライヤーを使った感想

スカルプドライヤーで頭皮をマッサージすることで、頭皮が柔らかくなり血行も良くなった。

その結果、抜け毛が無くなった。

実際、少しの抜け毛はありますが、抜け毛が気になったあのころに比べれば、全くといって良いほどです。

 

ヤーマンのスカルプドライヤーの詳細はこちら!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る