古賀紗理那のネックレスのメーカーは?怪我の状態や矯正その後!!

木村沙織さんが引退し
日本の女子バレーは、どうなんだろう!?
と思っていました。

 

でも、大丈夫!
新しい選手が注目されていますね。

 

これからの日本の女子バレーのエースとして
期待されている古賀紗理那さん!

 

今回は、古賀紗理那さんの気になること

  • ネックレスのメーカー
  • 怪我の状態
  • 歯の矯正

を中心に、いろいろ調べてみました!

スポンサードリンク



日本女子バレーに朗報が!
強豪の中国やブラジルに勝利したんです。

 

100%勝つことは出来ないって
思いたくないけど強過ぎる!と
イメージに焼き付いてしまっています。

 

強い中国やブラジルに勝ったんだから
日本はもっと強いんだ!って
思っています!

 

単純^^

 

強い日本のエースとして注目されている
古賀紗理那さんのプロフィールを
チェックしてみましょう!

 

古賀紗理那さんのプロフィール

 

名前:古賀 紗理那(こが さりな)
生年月日:1996年5月21日(21歳)
出身地:佐賀県神埼郡
ラテン文字:Sarina Koga
身長:180cm
体重:66kg
血液型:B型

 

選手情報
所属:NECレッドロケッツ
愛称:サリナ
ポジション:WS
指高:235cm
利き手:右
スパイク:305cm
ブロック:290cm

 

ソース

 

バレーを始めたのはいつ?

古賀紗理那さんがバレーを始めたのは
小学二年生のときでした。

 

母親がきっかけで、始めたそうです。

 

古賀紗理那さんの母親の名前は
博枝(ひろえ)さん!

 

母親の博枝さんは、中学・高校で
バレーをやっていたそうです。

 

春高バレー出場を夢見ていたそうですが
出ることが出来なかったのです。

 

博枝さんは、こんな夢を持っていたそうです。

女の子が生まれたらバレーをさせたい!

 

見事、母親の夢を果たしましたね!

しかも、日本代表に選ばれました^^

 

代表入りは何歳!?

古賀紗理那さんは、2013年4月に
全日本女子メンバーに選ばれました!

 

17歳になる年ですね!

 

古賀紗理那さんの誕生日は5月なので

実際、選ばれたのは、16歳のときです!

 

スポンサードリンク


 

ネックレスのメーカーは?

古賀紗理那さんの首に
キラリと輝くネックレス!

 

どこのブランドのネックレスなのか
気になります。

 

有名スポーツ選手が身に着けている
ファイテンのネックレスでした。

 

何故、有名スポーツ選手が
ファイテンのネックレスを身に着けるのか!?

 

それには、ちゃんとした理由があるようです!

  • ストレス解消
  • 疲労回復
  • 筋肉リラックス効果

 

私たちの身体には、「生体電流」が
流れているんだそうです。

 

ファイテンのネックレスを身に着けることで
微電流が身体に流れて「生体電流」の流れを
整えてくれるんだそうです。

 

「生体電流」の流れが整うと

 

  • 血中のストレス濃度が下がる
  • 代謝が促進される

 

と言う効果が出て
いつも以上のパフォーマンスを
発揮するんですね。

 

怪我の状態はどうなの!?

日本女子バレーチームは、強豪国に勝利して
アジア選手権で優勝を果たしました。

 

アジア選手権の決勝、タイ戦に
古賀紗理那さんが出場していませんでした。

 

中田久美監督は、ノーコメント!

 

でも、グラチャンバレー2017の
出場選手発表で古賀紗理那さんの
怪我のことを告白しています。

最後まで悩みました。膝なのですが、靭帯とかそういうことではなく、腱の炎症がアジア選手権の途中から彼女から訴えがあった。ここまで様子を見てきました。スタッフとも話した結果、大会が始まる5日間で彼女のコンディションが戻るかといわれると、たぶん半分以下と判断した。彼女の将来性を考えて、今回は本当に残念ですけれども、はずさせていただいた。

 

引用元

 

腱の炎症

 

今後、日本女子の中心選手として
活躍が期待される古賀紗理那さんへの
配慮だと言うことがわかりました。

 

矯正その後!!

笑顔が本当に似合う古賀紗理那さん!

 

でも・・・
歯並びに目が行ってしまうんですよね。

 

 

現在、古賀紗理那さんが
歯並びの矯正をしているとの情報が!

引用元

 

バレーボールでここぞ!と言うときに
歯を食いしばることもあるでしょう!

 

古賀紗理那さんの歯並びを
随時、追記していきます!

 

スポンサードリンク


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る